鄭蘋茹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テン・ピンルー
鄭蘋茹
プロフィール
出生: 1918年民国7年)[1]
死去: 1940年民国29年)2月(満22歳没)[2]
中華民国の旗 中華民国上海市滬西区(現・徐匯区
出身地: 中華民国の旗 中華民国浙江省蘭渓市
職業: 特務・スパイ
各種表記
繁体字 鄭蘋茹
簡体字 郑苹如
和名表記: てい ひんじょ
発音転記: テン ピンルー
ラテン字 Zheng Pingru
テンプレートを表示

鄭 蘋茹(てい ひんじょ、中国語: 鄭蘋如1918年 - 1940年2月)は中華民国の特務・スパイ

事跡[編集]

1918年民国7年)、浙江省蘭渓市に生まれた。父・鄭越原孫文を慕って中国同盟会に参加した事があり、母は日本人だったこともあって、早くから日本に対して、親近感を抱いていた。1932年1934年にかけて上海の明光中学(民光中学とする説もある)高等部に在籍。後に自身の運命を決定づける丁黙邨は同校の代表理事であった時期があり、このときに二人は出会っていた可能性がある。

雑誌『良友』の表紙を飾る

美貌でしなやかな肢体を持っていたと言われ、上海のグラビア雑誌良友画報』の表紙を飾った事もあった。やがて自身の容貌を活かして、抗日運動に身を投じ、その過程で近衛文隆近衛文麿元首相の長男)と知り合った。しかし、1939年6月4日に近衛暗殺未遂事件があり、危険を察知した大日本帝国陸軍幹部は近衛を日本に送還(その後、満州へ召集令状が出された)し、二人の関係は終わった。

その後、重慶国民政府の特務機関・中央統計局から重大な命令が下る。それは、汪兆銘政権傘下の特工総部(ジェスフィールド76号)の指導者となっていた丁黙邨を暗殺せよというものであった。鄭は丁に近づき、1939年12月21日、丁の暗殺計画を実行するも失敗に終わった。そして特工総部に出頭し、そこで構成員の林之江らに捕らえられ、監禁された。

1940年2月春節前、林らによって上海郊外の滬西区中山路に連行され、銃殺された。享年22。

没後、中央統計局の後身である中華民国法務部調査局より殉職烈士に認定され[3]、また彼女の悲劇と数々のロマンスは、多くの小説・映画のモデルとなっている。

家族[編集]

母・木村花子と
  • 父・鄭越原(字・英伯。1878年12月24日 - 1943年4月8日
    1878年12月24日、浙江省蘭渓市生まれ。法政大学に留学し、法学の学士号を取得。その後、孫文を慕って[4]中国同盟会に参加。復旦大学教授を経て、南京江蘇省高等法院第二分院主席検察官(日本検事に相当)に着任。しかし、蘋茹と真如(蘋茹の姉)に相次いで先立たれた事により、を発症。1943年4月8日に64歳で死去。
  • 母・鄭華君1886年 - 1966年1月5日
    日本人。日本名:木村花子(はな)。名門士族の令嬢で、越原の日本留学中に知り合い結婚した。結婚後は中国に移住したが、日中戦争および直後の国共内戦の激化と共に中国国民党に追従する形で、台湾へ移住。1966年1月5日に台湾で80年の天寿を全うした。亡くなった際に、蒋介石より「教忠有方」(教えが忠実で正しい)という書の入った額を贈呈されている。
  • 姉・鄭真如1912年 - 1934年
    病弱で、結婚して子供を授かるも、1934年に22歳の若さで夭折した。
  • 兄・鄭海澄1916年10月28日 - 1944年1月19日
    1936年1937年に来日して名古屋飛行学校(名古屋市守山区)で航空機の操縦を学んだ。帰国後、空軍軍官学校11期生として卒業し中華民国空軍第4大隊24中隊[5]に入るも、1944年1月19日に重慶での訓練飛行中(日本軍との戦闘中だったとも)に墜落死した。27歳の若さだった。最終階級は中尉。
  • 弟・鄭南陽1919年1月3日 - 2003年
    兄と共に1936年~1937年に来日して成城学校で語学を学んだ。その後、帰国してからは医学の道に進み、上海東南医学院(現安微医学院)を卒業。終戦後の1945年には南満州鉄道経営の奉天南満医大で研修を積み、開業医となった。中華人民共和国成立後は、崋山病院(復旦大学付属病院)に勤務。1980年代初頭にアメリカへ移住し、2003年に84歳で天寿を全うした。
  • 妹・鄭天如1923年 - )
    蘋茹の刑死後、相次ぐ誘拐の危険から逃れるために成都で避難。成都で結婚後は、母と共に1948年12月台湾に移住。台湾国府監察院で父の友人の秘書を務めた後、アメリカに渡り、ロサンゼルスで暮らしている。家族の中では唯一の存命者であり、近年は蘋茹(や関係者)の語り部的な存在となっている。

鄭蘋茹をモデルとした作品[編集]

以下に鄭蘋茹をモデルとした作品を挙げる。女スパイとしての描写もあるが、美貌とセクシーを活かしたお色気キャラとして描かれる事も多い。

小説[編集]

  • 『色・戒』
    張愛玲(アイリーン・チャン)の短編小説。小説集『惘然記』に収録。鄭蘋茹を取り上げた最初の作品。
  • 『夢顔さんによろしく 最後の貴公子・近衛文隆の生涯』
    西木正明の小説。1999年7月文藝春秋より発売[6]。その後、集英社文庫で文庫本にもなっている。近衛文隆とのロマンス及び鄭蘋茹の最期が描かれている。
  • 『上海エイレーネー』 ISBN 978-4434187698
    大薗治夫の2014年の小説。本作の主人公で、日中間の和平工作に奔走する女性スパイ趙靄若は鄭蘋茹をモデルとしている。最新資料や証言に基づいて、鄭蘋茹のより素顔に近い姿を描くことが試みられている[7]

映画[編集]

  • ラスト、コーション
    上記の小説『色・戒』を映画化した作品。2007年公開で、監督はアン・リー。劇中に鄭蘋茹をモデルとした女スパイ・王佳芝(ワン・チアチー。演:湯唯タン・ウェイ〉)が登場する。激しい性描写が話題となり、アメリカではNC-17指定、日本ではR-18指定、中国では7分間短縮されたバージョンが公開されている。
  • 上海,上海
    2009年公開の中国映画。劇中に鄭蘋茹をモデルとした刘晓男なる人物(演:万茜)が登場する。

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1914年5月15日説もある。
  2. ^ 春節前に死去したと伝わる。
  3. ^ “色,戒真有其事-鄭蘋如刺殺丁默邨”. 自由時報. (2007年9月11日). http://ent.ltn.com.tw/news/paper/153691 2016年11月10日閲覧。 
  4. ^ 鄭蘋如父親鄭越原,又名英伯(中国語)
  5. ^ “重庆空战中的郑海澄”. 中国論文網. (2012年4月30日). http://www.xzbu.com/1/view-1663019.htm 2016年11月10日閲覧。 
  6. ^ 夢顔さんによろしくAmazon.co.jp
  7. ^ J-CASTニュース『上海の美人スパイめぐる"新解釈" 日中両国の平和希求する"素顔"描く』
  8. ^ 史実でも、父(中国人)が江蘇省高等法院第二分院主席検察官を務めており、母は日本人である。

関連項目[編集]