鄭夢九

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鄭夢九
정몽구
Chung Mong-Koo.jpg
鄭夢九(2013年)
生誕 1938年3月19日(77歳)
韓国の旗 ソウル特別市
国籍 韓国の旗 韓国
出身校 漢陽大学校工業経営学
職業 現代自動車グループ会長
鄭夢九
各種表記
ハングル 정몽구
漢字 鄭夢九
発音 チョン・モング
2000年式
MR式
英語
Jeong Monggu
Chŏng Mongku
Chung Mong-Koo
テンプレートを表示

鄭夢九(チョン・モング、정몽구、Chung Mong-Koo、1938年3月19日 – )は、大韓民国自動車メーカー現代自動車グループの会長。鄭周永の次男として当時の京城(現 ソウル)で生まれる。

2000年、鄭周永五男の鄭夢憲現代財閥の後継者をめぐって激しく争う。王子の乱と言われたこの抗争に敗北し、現代財閥の後継者は鄭夢憲となったが、鄭夢九は現代自動車を率いて現代財閥から独立することとなった。

その後は強力なリーダーシップを発揮して現代-起亜自動車グループを発展させることに成功したが、息子の鄭義宣を後継者とする工作や政界工作などのために巨額の不正資金を作り出していたことが発覚した。2006年4月には不正資金容疑で逮捕されるも、2年後の2008年に実施された光復節(光復63周年・建国60周年)を記念する特赦により赦免・復権を果たしている。

経歴[編集]