トウ方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鄧方から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「鄧方」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

鄧 方(とう ほう、? - 222年?)は、中国後漢時代末期から三国時代にかけての武将、政治家。蜀漢に仕えた。字は孔山荊州南郡の人。

事跡[編集]

姓名 鄧方
時代 後漢時代 - 三国時代
生没年 生年不詳 - 222年?(章武2年?)
字・別号 孔山(字)
本貫・出身地等 荊州南郡
職官 荊州従事〔劉備〕

→犍為属国都尉(朱提太守)〔劉備〕
→安遠将軍兼庲降都督〔蜀漢〕

爵位・号等 -
陣営・所属等 劉備(蜀漢)
家族・一族 〔不詳〕

鄧方の事跡に関する史料は、陳寿が『三国志』を編纂した頃には散逸してしまっていたため、同蜀書では立伝されていない。楊戯の『季漢輔臣賛』に採り上げられている。

荊州の従事として劉備に随従し入蜀した。益州が平定されると、犍為属国都尉に任命された。犍為属国の郡名が変更されると、朱提太守となった。その後、安遠将軍兼庲降都督に選任され、南昌県に駐屯した。章武2年(222年)[1]、死去。後任の庲降都督には李恢が就いた(李恢伝)。

『季漢輔臣賛』は、鄧方の人物像について「強い意志を持ち、真に立派で節操が堅く、財を軽んじて果断にして勇ましく、艱難に惑わず、少数をもって多数を防ぎ、異域において任務を全うした。」と記述している。

小説『三国志演義』では登場しない。

[編集]

  1. ^ 楊戯伝のひく『季漢輔臣賛』より。なお、『三国志』蜀書李恢伝は章武元年(221年)死去としている。

参考文献[編集]

  • 三国志』蜀書15楊戯伝
  • 同蜀書13李恢伝