都築克幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
都築 克幸
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都品川区
生年月日 (1983-08-18) 1983年8月18日(34歳)
身長
体重
175 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手二塁手
プロ入り 2001年 ドラフト7位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

都築 克幸(つづき かつゆき、1983年8月18日 - )は、東京都品川区出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

日大三高では1番打者として2001年夏に行われた第83回全国高等学校野球選手権大会で大会通算16安打(甲子園史上2位)打率.571を記録し、強力打線の核弾頭として優勝に貢献。西東京大会でも17打数12安打で打率.706。周囲からは安打製造機と呼ばれていた。2001年夏の大会だけで45打数28安打で打率.622。 甲子園終了後のAAAアジア野球選手権代表にも選ばれ高校日本代表の副主将となる。1番打者として活躍し準優勝をする。

2001年度ドラフト会議では、3番を打った内田和也ヤクルトスワローズから4位指名)、エース近藤一樹大阪近鉄バファローズから7位指名)、控え投手の千葉英貴横浜ベイスターズから6位指名)らとともに中日ドラゴンズから6位指名を受けて入団。これは同じ高校の選手が同じ年のドラフトで指名を受けた史上最多タイ記録である[1]

プロ入り後[編集]

ルーキーイヤーの2002年は試合数が少ないながら2軍で.298の高打率を残し、周囲の注目を浴びた。翌2003年からは内野から外野にコンバートし、主に2軍のレギュラーとして活躍した。また、水島新司の漫画「あぶさん」の76巻にも出た。

3年目の2004年、新たに落合博満監督が就任し、出番は減少したが、それでも打率3割までは届かなかったものの.296の高打率を残しホームラン4本を記録する。ウエスタン優勝決定戦でも1番打者でスタメンで出場している。同年の秋季キャンプで首脳陣にバッティングを買われた。

2005年は、春季キャンプは一軍スタートで、オープン戦などにも出場し開幕一軍のすぐ近くにいたが、オフに戦力外通告を受けた。

その後、元中日の先輩でもある江藤省三監督GMを務める横浜ベイブルースに入団した。

2007年からは都内で不動産関係の会社に勤めている。

現在は、前田幸長が会長を務める少年野球チーム・都筑中央ボーイズで監督を務める。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 52 (2002年 - 2005年)

脚注[編集]

  1. ^ スポーツナビ | 野球|プロ野球|コラム

関連項目[編集]