都竹通年雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

都竹 通年雄(つづくつねお、1920年 - 1984年8月2日)は、日本日本語学者。専門は方言学岐阜県益田郡萩原町(現:下呂市)生まれ。

略歴[編集]

法政大学卒。1974年東京都立大学大学院修士課程修了。武蔵大学講師を経て、 1980年富山大学教授に就任。

著書・論文[編集]

都竹通年雄(1941)『飛騨萩原方言に於ける動詞と形容詞との活用』 日本方言学会
都竹通年雄(1949)「日本語の方言区分けと新潟県方言」『季刊国語 第3巻』 群馬国語文化研究所
都竹通年雄(1955)『奈良県北部方言覚書』 近畿方言学会
都竹通年雄(1957)『文字教育』 春秋社
日本方言研究会編(1957)『日本の方言区画』 東京堂
都竹通年雄「全国の方言区分けのための項目表の案」
徳川宗賢編(1969)『方言研究のすべて』 至文堂
都竹通年雄「方言録音資料の作り方」
平山輝男博士還暦記念会編(1970)『方言研究の問題点』 明治書院
都竹通年雄「「本土方言の音韻研究」
近代語学会編(1974)『近代語研究 第1集』 武蔵野書院
都竹通年雄「「お行きる」という言い方の歴史と分布」
近代語学会編(1977)『近代語研究 第2集』 武蔵野書院
都竹通年雄「アウ・オウからオーへ」
近代語学会編(1977)『近代語研究 第5集』 武蔵野書院
都竹通年雄「幸若舞曲の国語史資料としての価値」
日本語語源研究会編(1986)『語源探求』 明治書院
都竹通年雄「語源随想抄」
都竹通年雄(1994)『都竹通年雄著作集1 音韻・方言研究編』 ひつじ書房
都竹通年雄(1996)『都竹通年雄著作集2 文法研究編』 ひつじ書房

関連項目[編集]