都城都市圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

都城都市圏(みやこのじょうとしけん)は、宮崎県都城市を中心とする都市圏である。

概要[編集]

都城盆地一帯は古くから「きりしまんじだ」とも称され、圏域の結びつきは強い。江戸時代薩摩藩でありながらも一貫して都城島津氏(北郷氏)の私領として本藩からはある程度独立した位置づけであったため、産業や文化などにおいて鹿児島とはまた異なる独自の発展を遂げてきた。

現在は令制国に沿った形で宮崎県鹿児島県に分断されているが、日常生活では県境とは無関係に人々の往来は活発である。また、曽於市内の旧財部町及び旧末吉町(岩﨑の一部を除く)の市外局番は、都城市と同じであり、都城市などへの通話は市内通話扱いである(逆に、同じ曽於市内でも旧大隅町等との通話は市外通話扱いとなる)。

都市圏の定義[編集]

都市雇用圏(10% 通勤圏)[編集]

金本良嗣・徳岡一幸によって提案された都市圏。細かい定義等は都市雇用圏に則する。一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。

2010年国勢調査における都市雇用圏の人口は243,623人。

  • 10% 通勤圏に入っていない町村は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体
(現在)
宮崎県 高原町 - - - - - 都城 都市圏
243623人
高原町
高崎町 - 都城 都市圏
226155人
都城 都市圏
228987人
都城 都市圏
227196人
都城 都市圏
242453人
都城市
山之口町 都城 都市圏
189065人
高城町
山田町
都城市
三股町 三股町
鹿児島県 財部町 曽於市
末吉町 -
大隅町 - - - -
松山町 - - - - - 志布志市
志布志町 - - - - -
有明町 - - - - -

広域行政の枠組み[編集]

宮崎県では、1969年に都城市・北諸県郡の1市5町を「都城北諸県広域市町村圏」として広域市町村圏を指定した。一般的には「都城北諸地域」あるいは「都北地区」と呼ぶことが多い。

都城市、三股町、曽於市および志布志市は2009年に協定を結び、都城広域定住自立圏を形成している。

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

放射線[編集]

環状線[編集]

高速道路[編集]

関連項目[編集]