都営バス青戸支所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
都営バス 南千住自動車営業所 青戸支所
Tokyo Metropolitan Bus Minami-Senju bus office
Aoto branch
Tobus-aoto-dept.jpg
所在地 東京都葛飾区白鳥1-8-1
所管系統数 5系統(深夜バス等特殊系統除く)
主な運行担当区域 葛飾区・墨田区・台東区など
備考 運行業務ははとバスに委託

都営バス青戸支所(とえいバスあおとししょ)は、東京都葛飾区白鳥水戸街道沿いにあり、葛飾区、墨田区台東区の水戸街道・浅草通り周辺を走る路線を担当している支所である。正式名称は、東京都交通局南千住自動車営業所青戸支所。営業所記号は「Z」を用いる。

沿革[編集]

青戸支所は、都営バスの支所のなかで唯一、他所のように営業所からの格下げがなく、発足当初から支所を名乗っている。2006年4月1日はとバスへの委託を開始した。また、2010年11月ノンステップバス導入率100%を達成した。

2006年4月1日 - 2008年3月31日、同一敷地内に東京都交通局南千住自動車営業所青戸分駐所が存在した。

現行路線[編集]

AL01系統[編集]

  • AL01 : 東大島駅小松川二丁目 → 小松川さくらホール → チェリーガーデン → 小松川二丁目 → 東大島駅

東大島駅からチェリーガーデンを経由し東大島駅に至る。小松川二丁目周辺の新興住宅地から東大島駅へのアクセス改善を狙って設定された「アクセスライン」第1号で、1999年3月31日に試験運行を開始した。その後、一定の利用客が見込めたため、2000年4月1日に本運行を開始した。

朝と夕方以降のみの運行で、当初は専用の装飾が施された日野・レインボーワンステップ車が充当されていたが、臨海移管後は大型ノンステップ車も就役する。運賃は100円(小児50円)で、他の一般系統と区別するために方向幕は黄色地に紺色字である。2004年、葛西から臨海に移管され、2015年4月1日に青戸に移管された。

上23系統[編集]

上23(Z-B631、既廃車)
ゆりのき橋を経由していた頃
押上駅経由は橙色幕が使用される。
  • 上23:平井駅 - 中居堀 - 十間橋 - 押上 -(←リバーピア吾妻橋墨田区役所→)- 浅草寿町 - 上野駅 - 上野松坂屋
  • 上23:八広二丁目 → 中居堀 → 十間橋 → 押上 → 墨田区役所 → 浅草寿町 → 上野駅 → 上野松坂屋
  • 上23:東墨田二丁目 ← 中居堀 ← 十間橋 ← 押上 ← リバーピア吾妻橋 ← 浅草寿町 ← 上野駅 ← 上野松坂屋
  • 上23:平井駅 - 中居堀 - 押上三丁目 - 押上駅 - 押上 - (←リバーピア吾妻橋/墨田区役所→)- 浅草寿町 - 上野駅 - 上野松坂屋
  • 上23出入:平井駅 - 東墨田三丁目 - 八広 - 葛飾警察署 - 青戸車庫
  • 上23折返:平井駅 - 平井操車所
    • 1975年8月8日:草32系統を分割し、平23乙系統・平井駅 - 八広二丁目 - 押上駅間が開通する。江戸川営業所(当時)所管だった。
    • 1978年11月1日:青戸支所へ移管。
    • 1990年11月5日:平23乙系統と上37系統で路線の入れ替えを行う。
    • 2001年11月30日:平23乙系統の再編を行い、平井駅方面も東墨田二丁目を経由するようになる。新四ツ木橋発着を廃止する。あわせて、系統番号を上23系統に変更する。
    • 2003年4月1日:平23系統の短縮にともない、上23折返平井駅 - 平井操車所を設置する。
    • 2005年6月13日:中平井橋架け替え工事のため、ゆりのき橋経由に変更し、ゆりのき橋停留所を臨時に設置する。また、東墨田一丁目および平井操車所発着以外の平井七丁目第三 アパート、中平井を休止する。期間は2008年3月までとされた。
    • 2006年4月1日:はとバス委託系統になる。
    • 2007年3月26日:押上駅経由の系統の運転区間を上野松坂屋まで延長、また往路(平井駅前発)については十間橋経由、押上駅経由ともに墨田区役所経由に統一した。また十間橋経由についても、浅草寿町折返しを解消し上野松坂屋発着に統一する。
    • 2008年4月1日:中平井橋架け替え工事終了に伴い元のルートに戻る。
    • 2012年4月1日:上23折返(押上駅発着)を新設。
    • 2013年4月1日:上23折返(押上駅発着)を廃止。平井操車所発着は継続。

浅草、押上、東墨田地区を通って平井駅前と浅草・上野間を結ぶ路線である。この系統の起源は平23乙(ただし平23甲(現:平23)系統とは平井駅前で接続する以外全く別の路線)で、平成に入る前までは平井駅前を出て押上を経由し、蔵前橋通り清澄通り経由で両国駅前に向かっていた。主に、平23乙は墨田区北部からの区役所へのアクセス路線としての存在価値があった。 しかし、1990年に墨田区役所が吾妻橋に移転したため、上37系統(上野松坂屋 - 八広 - 青戸車庫)とともに路線の見直しが行われることとなり、平23乙系統の東側(押上駅 - 平井駅)と上37系統の西側(上野松坂屋 - 押上駅)を通るルートに改めた。 その後、系統番号を上23系統に改めた。また、2006年4月には、はとバスに運行を委託することとなった。押上駅経由は東京スカイツリーへのアクセスとして日中を中心に毎時1本運転している。出入庫便である青戸車庫系統は本数が少ない。また上野・浅草側からは深夜の入庫便として東墨田二丁目止まりがある。

PS2ソフト・『東京バス案内2』の題材となった。

上26系統[編集]

亀戸駅と上野公園を結ぶ路線。入谷鬼子母神 - 上野公園間は半環状に大きく迂回するような形で走る。青戸支所への出入便として亀戸駅側からとうきょうスカイツリー駅(2012年3月31日までは言問橋)発着、上野松坂屋側から隅田公園発着が運転される。 トロリーバス101(上野公園 - 今井)の代替路線601系統として開業し、東京都交通局の系統番号見直しにより上26系統へと変更となった。長らくトロリーバス時代と同経路で運行していたが、1990年7月21日に亀戸駅 - 上野公園(上26系統)と今井 - 亀戸駅(亀26系統)に分割された。 本系統は当初大塚・巣鴨営業所の共管で、その後は移管が繰り返され、2009年4月のはとバス委託で青戸支所の単独所管に落ち着く。

平28系統[編集]

  • 平28 : 東大島駅 -(←小松川区民館 / 平井都営アパート→)- 平井駅 - 平井操車所
  • 平28 : 東大島駅 → 小松川区民館 → 平井駅 → 平井都営アパート → 東大島駅

東大島駅の小松川口から平井駅を廻り、東大島駅に戻るアーチ状の路線。東大島駅では、AL01系統と同じく小松川口(東口)を発着する。平井駅方面と東大島駅方面ではルートが異なっている。平井操車所行きは、循環線と区別するために橙色の方向幕を使用する。

2005年に葛西から臨海に移管され、2015年4月1日に青戸に移管された。

錦37系統[編集]

青幕による錦37系統
  • 錦37折返:錦糸町駅 - 押上駅 - 中居堀 - 八広 - 新四ツ木橋
  • 錦37:錦糸町駅 - 押上駅 - 中居堀 - 八広 - 四ツ木橋 - 青戸車庫
    • 1949年9月1日:西嬬 - 中居堀 - 浅草寿町 - 上野広小路間 が開通。
    • 1950年8月8日京成電鉄バスと共同運行となり、125系統へ変更される。
    • 1950年12月27日:青砥公団住宅 - 立石駅通り - 上野広小路間へ延長。
    • 1972年5月1日: 青戸車庫 - 上野広小路間に短縮。京成との共同運行中止。25系統へ変更される。
    • 1977年12月16日:上35系統:亀戸駅 - 押上 - 上野広小路 - 須田町線(江東営業所担当)の廃止により、上37系統を延長し、青戸車庫 - 上野広小路 - 須田町となる。
    • 1982年12月16日上野松坂屋(旧・ 上野広小路)- 須田町間を廃止する。
    • 1990年11月5日:平23乙系統と押上周辺及び押上以南の経路を交換し、運転区間を錦糸町駅 - 押上駅 - 青戸車庫に変更する。あわせて系統番号を錦37系統に変更する。
    • 2006年4月1日:都営バス青戸支所がはとバスに委託されるのに伴い、錦37系統を青戸分駐所南千住営業所本所の共管とする。
    • 2008年4月1日:はとバス委託系統となり、青戸支所に移管。
    • 2012年4月1日:押上駅前バス停において交通広場への乗り入れ開始。上23・上26との区別のため、方向幕を紫色にする。

青戸車庫を起点とし、葛飾警察署、四ツ木橋、押上駅を経由して錦糸町駅を結ぶ路線と、新四ツ木橋から八広を経由して錦糸町駅に至る折返線からなる系統である。

草39系統[編集]

幕車による草39系統
  • 草39:金町駅 - 新宿(にいじゅく)郵便局 - 亀有警察署 - 中川大橋 - 青戸車庫 - 四ツ木橋 - 向島消防署(東向島駅入口) - 浅草雷門 - 浅草寿町 - 上野駅 - 上野松坂屋(平日日中のみ運行)
  • 草39:金町駅 - 新宿(にいじゅく)郵便局 - 亀有警察署 - 中川大橋 - 青戸車庫 - 四ツ木橋 - 向島消防署(東向島駅入口) - 浅草雷門 - 浅草寿町

69系統として元は、金町駅 - 四ツ木橋 - 浅草寿町 - 浅草橋 - 小伝馬町 - 日本橋 - 東京駅北口の運行であったのを、浅草どまりにしたのち、京成バス上34系統の廃止代替で、上野へ延長となったものである。浅草と金町駅前を水戸街道経由で結ぶ路線で、都営バスの中では数少ない繁華街と郊外とを放射状に結ぶ。以前、青戸車庫 - 浅草寿町間にて草39系統と上37系統の誤認識防止の為に、草39系統には「向島経由」、上37系統には「中居堀経由」の札を用意されていた。上野までの運転は、1996年9月7日に京成バス上野線(上34系統;上野広小路~市川駅。元は、都営バス新谷町営業所→青戸支所との相互乗り入れ系統であった。都営の撤退後に京成電鉄奥戸営業所の単独運転となっていた。)の上野方面の廃止後、墨田区からの要請で平日の昼間のみ浅草〜上野間を区間延長にて運行開始された。2006年4月よりはとバスに運行が委託された。出入便として青戸車庫発着もある(主に青戸車庫~金町駅)。

廃止路線[編集]

有30系統[編集]

  • 有30:亀有駅北口 - 綾瀬警察署 - 西加平 - 本町五丁目 - 足立区役所
    • 1990年:王30系統(亀有駅北口 - 王子駅前:東武バスとの共同運行)の支線として、亀有駅北口 - 中央本町庁舎(後に足立区役所前に改称)を開通。
    • 2003年4月1日:王30の都営便を分割し、有30(亀有駅北口 - 足立区役所)、王49折返(足立区役所 - 王子駅)を開通。東武バスとの共同運行解消に伴い系統指定共通定期券を廃止。
    • 2006年4月1日:運行をはとバスに委託するのに伴い、有30を青戸支所に移管。
    • 2013年3月31日:有30を廃止。

亀有駅北口と足立区役所を環七経由で結ぶ路線である。

元々は、亀有駅北口と王子駅を結ぶ王30系統であり、東武バスと共同運行されていた。1995年11月21日の改正、亀有駅北口発で平土で27便(うち中央本町庁舎6便)、休日で30便(中央本町庁舎5便)であった。しかし、2003年4月の改正で東武バスとの共同運行は解消され、東京都交通局が運行していた王30系統については、路線のほぼ中央に位置する足立区役所で、有30系統(亀有駅北口 - 足立区役所)と王49系統(足立区役所 - 王子駅)に分断された。この際、足立区の意向を踏まえて両系統の終点は足立区役所構内となっていた。

近年はおもに、足立区役所へ向かう人のためにあるような路線で、1日に数本しか運行されなかった。

東武バスは、現在まで王30系統や、有30系統の代替として使える足35系統(亀有駅前 - 足立区役所)を継続して運行している。

上34系統[編集]

  • 上34:市川駅 - 小岩駅北口 - 奥戸車庫 - 本田警察署(現・葛飾警察署) - 四ツ木橋 - 言問橋 - 浅草寿町 - 菊屋橋 - 上野駅 - 上野広小路

京成電鉄バスと相互乗り入れ。1975年12月、それまで担当していた新谷町営業所の南千住移転にともない移管されてきたが、1977年12月16日に都営のみ撤退、京成のみが運行を続けてきた。しかし京成もその後1996年9月7日に市川駅 - 新小岩駅へと経路を変更、新小52系統として現在は京成タウンバスが運行している。

墨38系統[編集]

従来から区の南北方向を貫く交通が分断されている墨田区において、区内一円の公共施設連絡を図るという強い政策的要請を受け[1]1991年7月1日に新設された。当初は千住営業所と青戸支所の共管(主管は千住)で、2003年の南千住営業所への移管を経て2006年4月に青戸支所に再移管、はとバス委託路線となった。運行当初より、東京都交通局と墨田区の間で協定が結ばれており、発生する赤字額の半分を墨田区が補填している。[2][3]なお、平成24年度末をもって、東京都としては運行を終了する方向で検討を進めていたが、墨田区の負担割合を増加させること、運行本数を削減することにより、2年間は路線が維持されることとなった[4]

2015年2月27日付で、交通局公式サイトにおいて同年3月で、墨38系統の廃止が発表された。

2015年3月31日をもって廃止された(本数が余りにも少ないことと、前述の検討によるものとされる)。同時に南千住営業所が錦40系統(南千住駅東口 - 錦糸町駅)を新設し、とうきょうスカイツリー駅 - 東向島広小路間の墨38系統独自区間は同系統が引き続き運行されることとなった。

39系統[編集]

  • 39:青戸車庫 - 寺島広小路 - 浅草雷門 - 岩本町 - 東京駅八重洲口

46系統[編集]

  • 46:四谷駅 - 東京駅北口 - 蛎殻町

62系統[編集]

  • 62:四谷駅 - 循環 - 東京駅南口

67系統[編集]

  • 67:日暮里駅 - 竹町 - 人形町 - 八丁堀 - 新橋

備考[編集]

  • Z-N345は、バスコレクション「都バスオリジナルセット2」のモデル車種になっている。
  • 2002年度車(K代)と2003年度車(L代)は、方向幕がLED行き先表示器へ改造されている。
  • 中型ノンステップ車の割合が過半数を占め、日産ディーゼル・JP日野・レインボーHR、三菱ふそう・エアロミディMKが配置されている。エアロミディMKは青戸分駐所からの引き継ぎで配置されたもので、後に全車が千住営業所早稲田営業所に転出したが、その後2015年1月に千住営業所からの転入により再び配置されることとなった。
  • 2010年11月現在、2010年度車(V代)の納車によって、一般車のD870 - 872(三菱ふそうKC-MK219J)の3台が置き換えられ、ノンステップバス導入率100%を達成した。

参考文献[編集]

  • 東京都交通局90年史 21世紀への新たな飛躍、東京都交通局90年史編さん委員会編纂、2003.3
  • 東京都交通局80年史、東京都交通局、1992.3
  • 東京都交通局70年史 再建10年の歩み、東京都交通局、1981.12
  • 東京都交通局60年史、交通局60年史編纂委員会、1972.3
  • 東京都交通局50年史、東京都交通局、1961
  • 東京都交通局四十年史、東京都交通局総務課、1951
  • 東京都乗合自動車の運行系統の名称及び区間、昭和五四年一一月二二日交通局告示第一一号

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ バス路線の整備(墨田区公式サイト)
  2. ^ 平成16年第1回定例会(2月)議事録によると、開通に際しての東京都交通局と墨田区の間で赤字欠損額を1/2ずつ補填する協定が締結されているとの主旨の発言がある。
  3. ^ 墨田区区議会 平成13年都市開発・交通対策特別委員会議事録によると、墨38系統の墨田区負担割合は、最高で90,000千円、平均的には50,000千円程度と記されている。
  4. ^ 墨田区議会議事録平成25年第1回定例会(2月)、墨田区長発言より

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度44分40.4秒 東経139度50分36.9秒 / 北緯35.744556度 東経139.843583度 / 35.744556; 139.843583