都会の牙 (1950年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
都会の牙
D.O.A.
DOA title.jpg
タイトル
監督 ルドルフ・マテ
脚本 ラッセル・ローズ
クラレンス・グリーン
製作 レオ・C・ポプキン
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 アーネスト・ラズロ
編集 アーサー・H・ネイデル
製作会社 Cardinal Pictures
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1950年4月30日
日本の旗 1952年12月18日
上映時間 83分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

都会の牙』(とかいのきば、D.O.A.)は1950年アメリカ映画

本作は毒を盛られた主人公が、限られた時間の中で真犯人を探す筋書きである。 本作は2度リメイクされており、1969年のColor Me Deadと、1988年のD.O.A.が該当する。

また、本作は手続き上の問題で著作権の更新が行われなかったため、パブリックドメインとなっている[1]

キャスト[編集]

役名 俳優 説明
フランク・ビグロウ エドモンド・オブライエン 毒を盛られ、死の宣告を受ける。
ポーラ・ギブソン パメラ・ブリットン ビグロウの秘書。
マジャク ルーサー・アドラー ギャング
チェスター ネヴィル・ブランド マジャクの手下。
スタンリー・フィリップス ヘンリー・ハート 死者。
フィリップス夫人 リン・バゲット 未亡人。
ハリデー ウィリアム・チン フィリップスの会計主任。
フォスター ビヴァリー・キャンベル フィリップスの秘書。
ジェニー ヴァージニア・リー
マーラ・ラクビアン ローレット・リューツ

ギャラリー[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]