郵政三事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

郵政三事業(ゆうせいさんじぎょう)とは、かつては日本郵政公社が行い、現在は日本郵政グループ各社が行う、郵便郵便貯金簡易生命保険という3つの事業の総称である。

概要[編集]

郵政三事業は、日本各地に設置されている郵便局を通じて、広く国民に提供されるサービスである。 かつては、逓信省郵政省総務省郵政事業庁日本郵政公社と国営事業として行われてきたが、2007年10月1日郵政民営化実施に伴い、日本郵政グループ各社によって行われることとなった。

民営化後の三事業[編集]

2007年10月1日の郵政民営化以降、日本郵政グループ各社によって行われている。三事業の承継先は、次の通り。

これらの事業は、日本郵便の郵便局窓口を通じて広く提供されている。なお、国営時代に契約された定期性郵便貯金や簡易生命保険は、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構に承継され、政府保証が継続されている。

沿革[編集]