郵便事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

郵便事故(ゆうびんじこ)とは、一般的には、誤配達・不着・遅延・亡失落失・毀損・汚損(雨ぬれ等)等、郵便物取り扱い中に発生した様々な不測の事態をいう。また、そのような不測の事態に巻き込まれた郵便物を、事故郵便と呼称する。

原因[編集]

郵便事故の原因は、様々なものが考えられる。例えば、郵便事業に従事する職員の過失によるもののほか、差出人が、宛名や住所郵便番号を正しく書いていない場合も郵便事故の一因となる。また、台風などにより、郵便物の輸送が滞った場合は、遅延の原因となる。

その他[編集]

ゆうパックが誤配され、中に入れられていた貴重なクワガタムシなどがすべて死滅した例があり、この件では、受け取る予定だった男性が日本郵便を相手取り、損害賠償を求める訴訟を起こしている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 「ゆうパック誤配でクワガタ240匹全滅」採集家が提訴 朝日新聞 2014年8月3日

関連項目[編集]