郡山八幡神社 (伊佐市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八幡神社
Koriyama Hachiman Shrine Isa.JPG
所在地 鹿児島県伊佐市大口大田1549
位置 北緯32度4分59秒
東経130度35分53.4秒
座標: 北緯32度4分59秒 東経130度35分53.4秒
主祭神 神功皇后
社格 旧郷社
創建 建久5年(1194年)
本殿の様式 入母屋造杮葺
別名 郡山八幡神社
例祭 9月19日
地図
八幡神社の位置(鹿児島県内)
八幡神社
八幡神社
テンプレートを表示

郡山八幡神社(こおりやまはちまんじんじゃ)は鹿児島県伊佐市にある神社。正式名称は八幡神社旧社格郷社。本殿が国の重要文化財

祭神[編集]

神功皇后を祀る。

歴史[編集]

建久5年(1194年)に菱刈氏の氏祖である菱刈重妙神託により宇佐八幡宮より勧請した神社と伝えられる。

社殿[編集]

重要文化財の本殿は桁行3間梁間3間の入母屋造平入杮葺。解体修理の際、葺板の裏に「永正4年(1507年)再興」という墨書が発見され、それ以前に建てられたものと思われる。建築様式には琉球文化の影響も見られる。昭和24年(1949年)5月30日に国の重要文化財の指定を受けた。

また、解体修理時に発見された木片の墨書により永禄2年(1559年)8月頃に修理が行われたことが判明しているが、この木片は「焼酎」に言及した日本最古の資料としても知られる。

日本最古の「焼酎」に関する資料[編集]

郡山八幡神社の焼酎落書き

昭和29年(1954年)、本殿解体修理時に、頭貫(かしらぬき)(柱頭部を横につなぐ水平材)に打ち付けられていた木片が発見された。その木片に書かれていた墨書に「焼酎」という文字があり、日本における「焼酎」の語の最古の使用例とされている。その内容は「其時座主ハ大キナこすてをちやりて一度も焼酎ヲ被下候(くだされずそうろう) 何ともめいわくな事哉(ことかな)」(工事の時、施主が大変けちだったので一度も焼酎を振る舞ってくれなかった、とてもがっかりした)というものである。

所蔵文化財[編集]

重要文化財
  • 本殿 附:宮殿(厨子

関連項目[編集]