那須雪崩事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
那須雪崩事故
20090418那須岳.jpg
日付 2017年3月27日
原因 自然災害、雪崩
学校教員及び関係者の判断ミス
生存者 54人
死者 8人
行方不明者 0人
負傷者 40人
罪名 業務上過失致死傷罪(捜査中)
訴訟 現時点で訴訟には発展せず(賠償責任を求めて提訴される可能性有り)
テンプレートを表示

那須雪崩事故(なすなだれじこ)は、2017年(平成29年)3月27日栃木県那須郡那須町の那須温泉ファミリースキー場付近[1]で発生した雪崩事故。

春山登山講習会に参加していた高校の生徒、教員らを巻き込み生徒7人と引率教員1人の計8人が死亡した。

2000年(平成12年)以降に日本で起きた雪崩事故としては犠牲者が最大。学校側の責任などを巡り、警察の捜査が続いている。

事故の概要[編集]

2017年3月25日から二泊三日の日程で、栃木県内の山岳部のある7つの高校の生徒、教員らが合同で、栃木県高等学校体育連盟が主催し登山専門部が主管する「春山登山安全講習会」に参加していた。講習会3日目の3月27日午前8時頃、雪中歩行のラッセル訓練を開始。約30分後に雪崩が発生し、雪崩の直撃を受けた48名(生徒40名、教員8名)のうち、栃木県立大田原高等学校の生徒および引率教員計8名が死亡した。

春山安全登山講習会[編集]

1950年12月30日、谷川岳を登山中の栃木県立佐野高等学校山岳部員11名が雪崩に巻き込まれ、生徒教員計5名が死亡した事故を踏まえ、登山知識と登山技術を向上させ、事故防止を目的に1958年5月に栃木県高体連と山岳連盟の共催で「第1回有雪期安全登山講習会」が始まりで、当初は不定期だったが、1964年3月より定期的に那須岳で開催されるようになった。

2017年は、初日に那須塩原市内で開講式と座学、2日目に実技講習として班別の雪上訓練をしスキー場隣接の小丸山園地でテント泊、3日目に茶臼岳登山し午後に解散予定だった。講習会全体の責任者は、登山専門部会の委員長が努め、スキー場近くの旅館に本部が置かれた。

班編成[編集]

本来計画の茶臼岳登山は参加校別に行動する予定だったが、計画変更により前日の実技講習の班構成のまま行うこととなった。

  • 3日目の班構成および内訳
1班 - 栃木県立大田原高等学校山岳部12名、引率教員1名(大田原高校山岳部副顧問、登山歴1年)、講師(真岡高校教諭)。
2班 - 栃木県立真岡高等学校山岳部8名と栃木県立宇都宮高等学校生徒5名(2年生)、講師(真岡高校教諭)。
3班 - 栃木県立矢板東高等学校生徒6名(2年生)と栃木県立那須清峰高等学校生徒5名、引率教員2名(那須清峰高校教員)、講師(矢板東高校教諭)。
4班 - 矢板中央高等学校生徒5名と栃木県立宇都宮高等学校生徒8名(1年生)、引率教員1名(矢板中央高校)、講師(矢板中央高校教諭)。
5班 - 真岡女子高等学校生徒4名と栃木県立矢板東高等学校生徒2名(1年生)、講師(真岡女子校教諭)。
本部 - 委員長
強豪校の大田原高校だけ一つの高校で班を作り、ほかは2校の山岳部を組み合わせて構成されていた。
2班のうち宇都宮高校の生徒は装備の一部をテント外に置いたまま眠った為使えなくなり、ラッセル訓練は不参加。
5班はラッセル経験のない女子生徒のみであったので、雪崩発生時はスキー場のゲレンデにいた。

通報[編集]

雪崩に巻き込まれた2班講師が無線で本部の委員長を呼び出したが、委員長からの応答はなかった。無線のやり取りを聞いた5班講師がゲレンデからスキー場のセンターハウスへ下山しつつ無線で2班講師に指示を仰ぐと、「本部へ行き、雪崩発生の報告と救助要請するよう伝える」と指示を受け、本部まで10分ほど歩いて移動し、駐車場にいた委員長へ雪崩発生を報告、委員長が午前9時20分に消防と警察へ通報した。通報は雪崩発生から約40分後であった。

スキー場付近には携帯電話の基地局もあり、携帯電話の電波状態は良好であったが、現場から講習会参加者による携帯電話での通報や委員長への連絡は行われなかった。

救助[編集]

午前9時33分那須地区消防本部から救助隊13名が出勤した。

那須山岳救助隊2名、消防の救助隊3名、警察官4名からなる救助隊が雪崩事故現場に到着したのは午前11時45分で通報から2時間30分経過後、雪崩発生からは3時間2分が経過していた。救助隊到着までに12名が講習会参加者によって救出されたが、半数は心肺停止状態だった。

過去の事故[編集]

2010年3月27日、付近で開催の「春山安全登山講習会」中に雪崩が発生し参加生徒数名が巻き込まれた。

原因[編集]

雪崩自体は、自然発生したものか、人為的要因によって発生したものか、検証委員会および国立の防災科学研究所、いずれの調査でも言及されていない。 しかし、部活動中の事故で生徒が巻き込まれたことに関して学校側や教職員、関係者の責任を問う声が挙がっている。 なお、栃木県が設置した那須雪崩事故の検証委員会は、設置要綱に「責任追及は行わない」と明記されており、そのため調査報告書では教員の責任は追及されていない[2]

刑事事件[編集]

事故の当日、周辺には大雪注意報が発令されていた。高校側は行う予定の訓練内容を一部変更していたが、屋外に出て活動をしていた際に雪崩に巻き込まれたため関係者の責任が問われ、現在も栃木県警察業務上過失致死傷容疑で捜査を行っている。

2019年3月8日、栃木県警は8人の死亡、5人の傷害の疑いで訓練の計画変更の判断を行ったとされる3人の教諭について、業務上過失致死傷の罪で検察に書類送検した。厳重処分の意見が付与されたとみられる。

3人は事故当日の朝、天候などを踏まえ、登山講習会の内容を那須岳(茶臼岳)登山から雪上歩行訓練に変更。現場近くのロッジ前で打ち合わせを行い、最終決定したとされる。

県警は現場を覆った新雪、雪崩注意報、雪崩が起きやすい急斜面などを総合的に判断し、雪山経験のある3人に「雪崩の危険の予見は可能だった」と判断した。

また訓練の行動範囲について、3人が雪崩の危険がない安全な場所での実施を指定せず、漫然と決めていたことを踏まえ、「雪崩を回避する義務を怠った」と判断した。

県警は計画変更時の決定をめぐる過失を重視しており、生徒を引率した別の教諭らについては「刑事責任を追及する過失はない」と明言した。

懲戒処分[編集]

栃木県教育委員会は安全への配慮が欠如していたとして、委員長と1班講師を停職5ヶ月、2班講師を停職3ヶ月の懲戒処分をした[3]

脚注[編集]

  1. ^ 栃木県那須町での雪崩について(第9報)総務庁消防庁
  2. ^ 那須雪崩 教諭の責任追及せず 検証委が最終報告書”. 毎日新聞 (2017年10月15日). 2018年3月3日閲覧。
  3. ^ 阿部幹雄『那須雪崩事故の真相』山と溪谷社、2019年6月、269頁。ISBN 9784635140249

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度7分12秒 東経139度58分42秒 / 北緯37.12000度 東経139.97833度 / 37.12000; 139.97833