那須少年記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
那須少年記
監督 初山恭洋
脚本 ミスミホノオ
原作 森詠「少年記 オサム14歳」
製作 アクト21/ウィズピクチャーズ
出演者 太賀
塚田健太
平山あや
杉本哲太
小野寺昭
萩原聖人
岸本加世子
片桐はいり
公開 日本の旗 2008年10月4日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

那須少年記』(なすしょうねんき)とは、森詠の小説(集英社刊)「少年記 オサム14歳」を原作とした2008年公開の日本映画太賀の初主演映画。2008年6月に栃木県内で先行上映。

ストーリー[編集]

昭和29年、中学2年生のオサムは離婚した母とともに栃木県黒磯村(現在の那須塩原市)に引っ越してくる。転入した学校の同級生には学年トップの成績をあげながら、教師らに歯向かい、不良連中と問題ばかり起こしているアキラがいた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ロケ地[編集]

外部リンク[編集]