遼寧 (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遼寧
Aircraft Carrier Liaoning CV-16.jpg
基本情報
建造所

黒海造船工場

大連造船所(工事再開)
運用者  中国人民解放軍海軍
艦種 航空母艦
級名

アドミラル・クズネツォフ級航空母艦

001型航空母艦(就役後)
前級 バクー
次級 山東
艦歴
発注 1998年ウクライナより購入)
起工 1985年12月6日(ヴァリャーグ)
2005年4月26日(工事再開)
進水 1988年11月25日(ヴァリャーグ)
就役 2012年9月25日
要目
軽荷排水量 43,000 t
基準排水量 53,000 t
満載排水量 59,439 t[1]
全長 305 m
最大幅 78 m
推進 スクリュープロペラ×4軸
速力 30ノット[1](推定値)
乗員 1,960名
兵装
搭載機 戦闘機×24機[1][注釈 1]
レーダー 346型 多機能型
電子戦
対抗手段
テンプレートを表示

遼寧(りょうねい、中国語: 辽宁 拼音: Liaoning)は、中華人民共和国航空母艦である。ソビエト連邦(以下、ソ連)で設計されたアドミラル・クズネツォフ級航空母艦ヴァリャーグ」の未完成の艦体を中国がウクライナから購入し[2]、中国初の空母として完成させた[1]。艦番号は16。当初はヴァリャーグの漢語訳の「瓦良格」と紹介していた。

2012年9月25日、正式就役と同時に001型航空母艦「遼寧」と発表された。

艦名[編集]

中華人民共和国への回航後も長らく命名はなされず、ロシア、ウクライナ時代と共通の「ヴァリャーグ」と呼ばれた。この時期の艦名の仮名表記は一定せず、「ワリャーク」(朝日新聞)、「ワリヤーグ」(世界の艦船)、「ワリャーグ」(時事通信社)、「ワリヤーク」、「ワリャク」(産経新聞中日新聞)などがある。

中国への売却後、日本など外国メディアでは、本艦は台湾平定の功績で知られる清朝初期の将軍に由来する「施琅」と呼ばれることもあったが、新華社通信や軍事雑誌『艦船知識』は、ヴァリャーグの漢語訳の「瓦良格」と紹介している。また2011年4月27日には、国務院台湾事務弁公室が「施琅」の名称を否定している[3]

2012年1月時点では、複数の中国メディアが伝えたところによると、消息筋の情報として「毛沢東」、「北京」、「薩鎮氷」などの候補が挙がっていた[4][5]。尖閣問題から軍部より「釣魚島」と命名するように求められてもいた[6]。なお、空母としての艦名が決定していなかったため、中国メディアでは「航母平台」(空母プラットホーム)と仮称していた[7]

2012年9月25日、遼寧省大連市にて引渡しセレモニーが行われ正式に就役し艦名は「遼寧」と発表された[8]

建造[編集]

ソビエト時代[編集]

ソ連海軍は、1143.5及び1143.6型重航空巡洋艦の2隻に加え、原子力艦1143.7型(ウリヤノフスク級)重航空巡洋艦を4隻建造する計画を持っていた。また、先に建造された1143型(キエフ級)航空巡洋艦およびその準同型艦4隻も近代化改装を受け、艦載機を新型のYak-141VTOL戦闘機に更新して「ソ連空母機動部隊」を補完する戦力となることが期待されていた。

この計画を背景に、「ヴァリャーグ」は1143.5型(アドミラル・クズネツォフ)を踏襲する1143.6型の艦として1985年12月6日[9]ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ムィコラーイウ黒海造船工場で起工され、1988年11月25日[9]進水した。

建造中断[編集]

ソ連が崩壊した1991年12月、すでに中央政府からの建造資金供給は停止していたが、それでも建造元の黒海造船工場は「自腹で」細々と建造を続けた。だがそれも長くは続かず、翌1992年3月に工事は中止された。のちに本艦の売却を委託されたノルウェーの船舶ブローカー、リーベックによると、この時点での「ヴァリャーグ」の完成度は、船体が100%、機関が80%、その他の部分が20%であった(艦全体で66.7%[10]か67.3%[11][7]という説もある)。新生ロシア海軍は「あと7億5,000万ドルあれば、『ヴァリャーグ』は竣工に漕ぎ着けられる」という見積もりを算出したが、極度の財政難にあえぐロシア連邦政府にはそれだけの資金を出すことはできなかった。しかも、本艦を建造していた黒海造船工場自体が独立したウクライナに接収されてしまい、本艦の所有権自体がロシアとウクライナで争われることになったのである。

その数ヵ月後、ロシア、ウクライナの両政府は、共同でノルウェーの船舶ブローカー、リーベックを通じて海外に売却する事で一旦は妥結した。リーベックは、同艦は船体及び機関がほぼ完成し、兵装や電子機器は未搭載なので、これらの機器類は購入した国が自由に選べることのメリットを強調して売込みを図り、インド、中国、アルゼンチンブラジル等の新興国と接触を図った。この時の売却価格は、搭載機込みで約40億ドル(艦そのものが20億ドル、さらに搭載機が20億ドル)と見込まれていたが、この金額は当時売り込み先と目された国々の一年分の軍事費の半分以上に当たるものであり、結局高過ぎてどの国も買えないまま宙に浮いた形となった。

海外売却の話も消え、ロシア海軍に就役する見込みもない「ヴァリャーグ」は、ムィコラーイウの岸壁に係留されたまま放置され、他の艦に移設可能な装備を撤去される有様であった[7]1993年、ロシアは「ヴァリャーグ」の所有権を諦め、同艦はウクライナの管轄となった。

ウクライナからの購入[編集]

1997年、『ジェーン防衛週報』(: Jane's Defence Weekly。以降、JDW)は「『ヴァリャーグ』解体工事開始」と報じたが、実際には艦そのものの解体ではなく、搭載済みの各種機器の撤去工事であった。船体だけはレジャー施設への改造のために売却される予定であったため、それ以外の艦内の余分な機器は全て撤去されるはずであったが、造船所関係者によると、主機そのものは撤去されず、電気系統やパイプなどを切断して使用不能にしただけであったという[12]

その後、ウクライナは本艦をスクラップとして2,000万ドルで売却する意向を示し、マカオの「中国系民間会社」である創律集団旅遊娯楽公司[13]1998年に購入した。「中国本国で海上カジノとして使用する予定」とされていたが、この会社の社長で香港の実業家の徐増平中国語版中国人民解放軍海軍の退役軍人だった。また、創律集団旅遊娯楽公司は、事務所も電話もないペーパーカンパニーであり、カジノの営業資格もなかった。そもそもマカオの港は水深10メートル程しかなく、6万トン級の大型艦は入港できない[14]

イスタンブールでのヴァリャーグ(遼寧)(2001年

ボスポラス海峡ダーダネルス海峡を動力装置の無い大型艦が曳航されて通過するのは危険であること、既に見かけが航空母艦であり、空母の海峡通過を禁じたモントルー条約に抵触することから、トルコ政府は海峡通過に難色を示した。だが、中国政府が仲介に乗り出す。中国側はトルコへの観光客(年間200万人)増加を約束し、政治的折衝で妥協。2001年、航海を経てようやく中国本国に回航された。

2002年3月3日、マカオではなく大連港に入港し、西区4号埠頭に係留された。

この時期、中国はヴァリャーグのほか、キエフ級航空母艦の「キエフ」と「ミンスク」も購入しており、空母建造の参考にするといわれていた。後者2隻は天津深圳博物館船として一般公開されたが、「ヴァリャーグ」だけは係留されたままだった。

建造再開[編集]

表立った動きのなかった本艦であるが、2005年4月26日から8月までに大連船舶重工集団に所属する大連造船所乾ドックに搬入され、錆落しと人民解放軍海軍仕様の塗装を施され、修理も進んでいることが確認された。このため一部では「中国が大連において空母の建造を計画」などと伝えられた。台湾国防部(国防省)も本艦の写真を公開し「空母保有に向けた航空機発着などの実験艦か、あるいは本格的に空母として就航させるのではないか」との見解を発表した。この報道に対し、中国国務院台湾事務弁公室(国台弁)李維一報道官は、「政治的な目的がある」として反論していたが、2005年8月には、湿ドックへ移動された。

2007年11月の情報では、中国海軍は2008年に本艦を訓練試験艦「世忠」として再就役させる意向であると伝えられていた。しかし同時に伝えられたところでは、外装こそ手直しされたものの、レーダーなどの電子装備の艤装がほとんど進んでおらず、工事の進捗は必ずしも順調とは言えなかった。

正規空母としての再就役は断念されたともいわれ、たとえ空母として整備するとしても、戦力化にはまだ相当な期間を要すると考えられていたが、2008年末に中国海軍報道官が2012年までに中型空母を建造保有する計画を発表した際に、本艦を練習空母として就航、同時に艦載機をロシアから購入する計画があることを表明した。それによると本艦の練習空母としての改修工事は2009年中には完工される見通しであるとしていた。艦載機にはSu-33を元に開発したJ-15が予定されており、20機程度を搭載する予定であった[15]

2009年4月27日には本艦は大連造船所のドックから離れ、大連船舶重工集団が大連港に新建した30万トン級のドックに着けた。2010年3月19日には、ドックから同集団所属の大連港の30万トン級の艤装埠頭へ移動し、艤装が本格化した。また前述の新華社電子版の記事によれば2011年中に「中国初の空母」として出航するとしていた。

2011年8月3日には数百人の兵士らが参加する完成式典が行われ、中国共産党中央軍事委員会高官も視察した[16]。また、渤海湾周辺で試験航行を行うために同月10日朝には出航したと報じられ[17]、5日間にわたって渤海湾で海上公試が行なわれた。この公試では艦載機はまだ搭載されていなかったが、11月29日からの公試では、近くの飛行場を離陸したJ-15との合同訓練を行っていたことが報道されており[18]2012年の就航を目指して準備が進められていた。

10回の公試を終えた後[19]、2012年9月25日に遼寧省大連港中国人民解放軍海軍に引き渡す式典が行われ、遼寧と命名したと発表した[20]

就役後[編集]

「遼寧」空母 (16)

就役後初の出港は2012年10月12日に行われ[21]、10月30日に帰港[22]。訓練目的とみられるその航海で、J-15による飛行訓練が行われたが、内容はタッチアンドゴーであるとしている[23]。また、ヘリコプターによる離着艦が報道されている[24][25]

11月にもJ-15による訓練が続き、23日には着艦試験の成功を法制晩報が伝えた[26]、さらに25日には新華社通信解放軍報が離着艦試験に成功したことを伝えた[27][28]。空母の運用に関しては、2009年よりブラジルからの「サン・パウロ」における訓練を含む技術的支援を得ていたことが報じられた[29][30]

2013年2月27日、母港を大連から青島の軍港に移動。この軍港は4年間を費やして建設した空母母港としての機能を備える軍港とされる[31][32]

2017年7月8日には、返還20年を迎えた香港に入港、飛行甲板や格納庫が一般公開されている。

2018年4月23日には、48隻もの艦艇が参加した海軍創設69周年の観艦式に参加している。8月より近代化改装が実施、2019年3月に青島に帰港。

2019年4月23日には、海軍創設70周年の観艦式に参加。

艦隊行動[編集]

一回目

2016年12月24日に中国人民解放軍海軍(中国海軍)の報道官は、航空母艦「遼寧」を中心とした編隊が、遠洋訓練のため西太平洋に向けて航行中であると発言した[33]。 この航行を裏付けるように、25日午前10時頃に中国海軍の航空母艦1隻、ミサイル駆逐艦3隻(昆明級駆逐艦1隻、蘭州級駆逐艦2隻)、ミサイルフリゲート2隻、小型フリゲート1隻、補給艦1隻の計8隻が、宮古島の北東約110kmの宮古海峡東シナ海から太平洋に向けて南東進したことを、海上自衛隊の護衛艦と哨戒機が確認した。本件は海上自衛隊が中国海軍空母の西太平洋進出を確認した最初の事案であった[34]。続く2017年1月1日、南シナ海でJ-15の発着艦訓練を開始。中国報道を介さずに、J-15が遼寧から発艦・着艦しているところを始めて確認した[35]。海南島三亜市に建設中の軍港に向かう遼寧が30ノットで航行しているのを日本、アメリカ、台湾のP-3Cが確認する[36]

二回目

2018年4月、艦隊を組み宮古海峡を通過して、東シナ海に向けて進んだ。編成は航空母艦1隻、ミサイル駆逐艦4隻(昆明級駆逐艦1隻、蘭州級駆逐艦3隻)、ミサイルフリゲート2隻の計7隻であった。20日に太平洋上で遼寧から戦闘機とみられる航空機が離着陸したことを追跡した護衛艦が確認している[37]

三回目

2019年6月、宮古海峡を通過して太平洋にへ。グアム周辺を経由して南シナ海に入った。編成は航空母艦1隻、ミサイル駆逐艦1隻、ミサイルフリゲート2隻の計4隻。後にミサイル駆逐艦1隻に護衛された新型補給艦1隻が合流している[38]

四回目

2020年4月10日午後7時頃、海上自衛隊の艦艇及び航空機が男女群島長崎県)の南西約420kmの海域を南東進する「遼寧」とルーヤンⅢ級ミサイル駆逐艦2隻、ジャンカイⅡ級フリゲート2隻及びフユ級高速戦闘支援艦1隻の計6隻を確認した。その後、沖縄本島宮古島の間の海域を南下し、太平洋へ向けて航行したことを確認した。6隻の中には燃料を提供できる補給艦も含まれているということで、防衛省は航行の目的を分析するとともに、中国軍が遠方への展開能力を高めているとみて、警戒と監視を続けている[39][40]。 4月28日にはこれらの艦艇が宮古島の南東約80㎞の海域を北西進し、その後、沖縄本島と宮古島の間の海域を北上し、東シナ海へ向けて航行したことを確認した[41]

設計[編集]

「ヴァリャーグ」の機器はその多くが撤去されており、原設計から10年以上経ていることもあって中国では独自に機器を調達し備えることとなった。このため、「クズネツォフ」、「ヴァリャーグ」のいずれとも異なる点が生じている。

艦体[編集]

元々のヴァリャーグは「改クズネツォフ級」とでもいうべき艦であり、魚雷防御用装甲はクズネツォフの多層式から単層式に簡略化されていた。

さらに、クズネツォフの格納庫は約4,498m2であるが、本艦では2008年末からの改修でP-700 グラニート艦対艦ミサイルの搭載スペースを廃して作戦指揮区画を移転し、さらに格納庫前方の居住区や食堂を旧作戦指揮区画に移転することで格納庫を約1,000m2増加させている[7]。一方で、強度上の問題からP-700のスペースを格納庫に転用できなかったという情報もある[42]

機関[編集]

遼寧の蒸気タービンは配管の切断や重要部品の取り外しはあったもののヴァリャーグの物が残されており、中国海軍は、十分な資料を得ないままに本艦の蒸気タービン機関の修復を試みたことが明らかとなった。ウクライナ当局は、主動力装置の最も重要な部品も取り外し、残った装備も表記を抹消されていた。動力システム改造責任者は、この動力システムの修復が本艦の再就役にあたって最大の障害であったとし、修復できた部分は修復したが、できなかった部分は独力で研究開発したと述べた[43]。また本艦の初代機関長であった楼富強は、当初は蒸気を発生するボイラーの圧力があまりに高く危険であったため、出航速力に必要な出力を得られなかったことを明らかにしている[44]

2013年8月の報道では、遼寧の機関は、原型よりも安全性を向上させ、ボイラーの始動に必要な時間を短縮するなどしてボイラー圧の低下を抑制した事、元々の設計ではタービンを回転させた後の蒸気を冷却して水に戻す復水器の冷却水パイプやバルブに水漏れ箇所が生じた場合、蒸気冷却用の海水が養缶水に混ざってボイラーに運ばれかねない問題があったが、設計変更によりリスクを低減する改良が施されている事が伝えられている[45]

中華民国国防部による2016年12月26日発表の空母遼寧の位置情報[46][47]をもとに、中国語繁体字ウェブサイトの毎日頭條は、空母遼寧が5時間にわたって30ノットを維持し航行したと報道しており[48]、この時に潜水艦と遼寧の遠隔監視を行っていたアメリカ・日本・台湾のP-3Cも、ほぼ30ノットで艦隊行動する遼寧を確認している[49]。また、平成29年版防衛白書では、遼寧の速力を30ノット(時速約56km)と記述している[1]

電子兵装[編集]

「ヴァリャーグ」は、新型の複合レーダーフォールム[9]または「フォールム-2M」[50](2面回転方式アンテナを持つフェーズドアレイレーダー)を装備していた。この複合レーダーは、3次元レーダーMR-650「ポドベリョーゾヴィク」と2基の「フレガート-MAT[9]またはMR-750「フレガート-MA」[50]を含むものであった。この変更に伴い、アイランドの形状も変更され、「クズネツォフ」より若干コンパクト化された。しかし、このシステムは運用効率が低く、他のレーダーとの干渉が解決しなかったため、中国での改装で撤去された。

艦橋には新たに、蘭州級駆逐艦にも搭載されているフェーズドアレイレーダーに類似した、346型フェーズドアレイレーダーが貼り付けられた。マスト頂部に搭載される予定だったケイク・スタンドタカンは搭載されず、フレガート3次元レーダー(あるいは同機種を元に揚州723研究所が山寨化した382型「海鷹」)をそのまま配置した[7]

このほか、艦首にバウ・ソナーを装備する。

兵装[編集]

「ヴァリャーグ」が予定していた兵装は、建造中断で搭載されないものもあり、既に搭載されていたものも中国での改装で全て撤去された。

代わって、730型CIWSを大型化した1130型CIWSを3基、HHQ-10(FL-3000N)艦対空ミサイル18連装発射機を2基搭載している。1130型CIWSは、11連装の30mmガトリング砲を有し、発射速度は約10,000発/分、有効射程は約2.5から3.5kmとされている。

HHQ-10は、2008年の珠海エアショーで公開されたばかりの短距離対空ミサイルで、発射機の外観はアメリカ合衆国ドイツRAMに酷似する。最大射程は9kmとされている[7]。1130型CIWSは本艦が初めて搭載した兵器であり、詳細は判明していない。HHQ-10は試験艦である華羅庚に次ぐ搭載であるが、こちらは056型コルベットにも採用された。

このほか、中国での改装で24連装チャフ投射機2基と、16連装対魚雷デコイ発射機4基が新たに搭載されている[7]

艦載機[編集]

搭載機数は50機から67機と見込まれており、J-15 18-24機、AEW&C 4機、Ka-28PL 6-8機、Ka-28PS 2機、Z-8Z-9等が見込まれている。

発着艦設備[編集]

カタパルト非搭載により艦載機に搭載可能なミサイル数は限られている。ロシアからアレスティング・ワイヤー4組の調達を目指したが不調に終わり、非公式にはスウェーデン製となったとされ、J-15の着艦試験において正常に動作するアレスティング・ワイヤーの装備が確認された。

なお、中国社会科学院世界経済・政治研究所の沈驥如は、空母用アレスティング・ワイヤーは現在ではロシアかアメリカしか製造しておらず、ロシアから購入できなかったので自主開発していると解説している[51]。この自主開発したアレスティング・ワイヤーについては、装備されているか等、開発段階の詳細は明らかでは無い。

J-15の運用にあたっては、対空任務では短距離のスタート・ポイント(105メートル長)を使用して、甲板上合成風速0ノットの状態であれば、離陸重量27トン(燃料75パーセント、PL-8短距離空対空ミサイル4発およびPL-12中距離空対空ミサイル4発搭載)で発艦可能とされる。もし甲板風速10ノットとなれば離陸重量は28.5トンに増加し、搭載可能な兵装はPL-8 4発とPL-12 8発となる。また対地攻撃任務では長距離のスタート・ポイント(195メートル長)が使用され、甲板風速15ノットの状態で、燃料95パーセントで6トンの弾薬を搭載できる[52]

中国人民解放軍海軍の航空母艦
003型 002型(山東) 001型(遼寧)
船体規模 基準排水量 不明 55,000 t(推定) 53,000 t
満載排水量 85,000 t(推定) 70,000 t(推定) 59,493 t
全長 不明 315 m(推定) 305 m
水線幅 / 最大幅 38 m / 75.5 m 38 m / 72 m
主機 機関 不明 蒸気タービン
方式 ギアード・タービン
出力 200,000 hp
速力 30 kt以上(推定) 31 kt以上(推定) 30 kt(推定)
兵装 砲熕 不明 1130型CIWS×3基
ミサイル HHQ-1018連装発射機×4基
航空運用機能 搭載機数 50 - 80機(推定) 50 - 70機(推定) 50 - 67機(推定)
形式 CATOBAR(予定) STOBAR
飛行甲板 アングルド・デッキ スキージャンプ式+アングルド・デッキ
カタパルト 電磁式(予定)
JBD 不明 3基
制動索 4索
エレベーター 2基
同型艦数 2隻予定 1隻 1隻


近代化改装[編集]

2017年4月の002型航空母艦の進水式のち、遼寧も大連船舶重工集団に戻り、しばらく2隻の空母が艤装岸壁に並んだ状態で整備を受けていたが、2018年8月から近代化改装が実施された。改修は遼寧の運用で明らかになった課題を解決するために行われたもので、艦載機システム、動力、電気系統、居住システムなど総合的な改修となっており、遼寧は今後十年~二十年問題なく就役できる状態になったとしている[53]。1月21日に改修作業を終えて試験航行に出向、3月に青島の母港に帰港した。

発着艦設備
  • 甲板のノンスキッド再塗装。ラインを白色から白・黄色の二色に変更。
  • アイランドに艦番号を記載。
  • アレスティングワイヤを独自の素材に変更。衝動吸収・使用寿命を強化。
  • VLS撤去後放置されていた区画を利用して甲板面積を拡大、002型に近い形状にして作業効率の改善。
  • 元の航空指揮所を撤去して002型と同型のものを設置して外部視認性を改善。また、悪天候時に備え、ワイパーと加熱器を追加。
  • 爆弾などを可燃物を投棄するシューターを6基に増設。
電子兵装
  • アンテナの変更や不要台座の撤去など、情報処理能力、妨害能力を向上。
  • 人間工学的を考慮した指揮系統の改良。
船体
  • 各種パイプを用途に応じて色分けし、ダメコンを改善。
  • 水パイプを食品工場レベルの耐腐食性鋼管に総取り換え。
  • 淡水化装置を追加し、使用できる水量を増加。
  • 動力・電気系統に数十項目に及ぶ改良を実施し、信頼性と効率性を大幅アップ。

登場作品[編集]

漫画[編集]

空母いぶき
尖閣諸島中国人上陸事件後、調査目的として派遣された自衛艦に対抗する形で青島基地から派遣された、3隻からなる艦隊の一艦として登場。その後、海上保安庁巡視船と、中国海警局の艦船衝突を受け、威嚇目的で艦載機殲15を発進させる。

小説[編集]

『スカイソード オン オプス』
上海協力機構NATOで成立した新RIMPAC連合演習に参加していた最中に異世界レージェルリアへ転移し、昆明級駆逐艦と共にガルトレゼイン帝国艦隊の殲滅作戦で活躍する。
『日中世界大戦』
与那国島攻略艦隊の旗艦として登場。そうりゅう型潜水艦そうりゅう」等によるハープーン対艦ミサイルの攻撃で撃沈される。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ヴァリャーグ時の計画数は67機である

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 防衛省 (2017年8月1日). “平成29年版防衛白書”. 2019年1月4日閲覧。
  2. ^ 中国初の空母購入の内幕…「スクラップと値切り倒し、カジノ用と言い逃れ」実業家が香港紙に明かす(1/2ページ) - 産経ニュース
  3. ^ 国台办否认“大陆新航母命名施琅号指向台湾”
  4. ^ 瓦良格号航母赴中国全过程_舰船知识(军事)_新浪网:新浪軍事
  5. ^ 确凿消息:中国第一艘航母不叫施琅将向社会征名西陆网 2011年6月27日
  6. ^ 『産経新聞』2012年9月24日15版
  7. ^ a b c d e f g 武田純一「どう再生された空母「ワリヤーグ」 中国誌が伝える改造の技術的内幕」 『世界の艦船』第750集(2011年11月号) 海人社
  8. ^ China's first aircraft carrier enters service
  9. ^ a b c d Волков, Роман; Бричевский, Андрей. “Тяжелые авианесущие крейсера проектов 11435, 11436” (ロシア語). Корабли и суда ВМФ СССР и России :: Онлайн-справочник. 2011年4月10日閲覧。
  10. ^ “瓦良格之父”看辽宁舰:锅炉改造就远胜俄罗斯 凤凰卫视 凤凰网
  11. ^ 凤凰独家解析“中国航母”的最新进展 凤凰卫视 凤凰网
  12. ^ アンドレイ・V・ポルトフ「元ロシア空母「ワリヤーグ」が中国空母に!?」世界の艦船2006年3月号(海人社)
  13. ^ 「世界の艦船」2011年8月号、121頁
  14. ^ 塩沢英一『中国人民解放軍の実力』ちくま新書、2012年、22頁
  15. ^ 田辺義明「空母のその後と殲10B登場」、『航空ファン』2009年6月号
  16. ^ “中国訓練用空母で完成式典 共産党高官も視察”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年8月4日). オリジナルの2012年7月23日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120723210805/http://www.asahi.com/international/update/0803/TKY201108030640.html 
  17. ^ “中国初の空母ワリャークが大連港出港 試験航行を開始”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年8月10日). オリジナルの2012年1月6日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120106120840/http://www.asahi.com/international/update/0810/TKY201108100104.html 
  18. ^ “中国初の空母、海上で艦載機と合同訓練”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年12月12日). http://web.archive.org/web/20111215102739/http://www.asahi.com/international/update/1212/TKY201112120377.html 
  19. ^ 楊毅(杨毅、Yang Yi) (2012年9月25日). “Aircraft carrier protects peace”. CHINADAILY. 2012年10月13日閲覧。
  20. ^ “中国、初の空母を近く配備 軍に引き渡し「遼寧」と命名”. asahi.com (朝日新聞社). (2012年9月25日). http://www.asahi.com/international/update/0925/TKY201209250189.html 
  21. ^ “中国空母「遼寧」が出港 海軍配備後初めて 訓練や航行試験目的か”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年10月12日). オリジナルの2012年10月12日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121012065931/http://sankei.jp.msn.com/world/news/121012/chn12101212470003-n1.htm 2012年10月13日閲覧。 
  22. ^ 中国の航空母艦、就役後初の「軍事任務」終え大連に帰港”. サーチナ (2012年10月31日). 2012年11月10日閲覧。
  23. ^ 中国空母:艦載機タッチ・アンド・ゴー…「戦闘力にはほど遠く」” (2012年10月17日). 2012年11月10日閲覧。
  24. ^ 「空母・遼寧に艦載機で着艦した」…中国で“従軍記”報道”. サーチナ (2012年11月5日). 2012年11月10日閲覧。
  25. ^ 滑跃14°:中国海军起飞的仰角”. 解放軍報 (2012年11月4日). 2012年11月10日閲覧。
  26. ^ 中国航母舰载机歼15成功着舰”. 新闻晚报 (2012年11月24日). 2012年11月25日閲覧。
  27. ^ 我航空母舰顺利进行歼—15飞机起降飞行训练”. 新华网 (2012年11月25日). 2012年11月25日閲覧。
  28. ^ 歼-15在“辽宁舰”顺利起降”. 解放軍報 (2012年11月25日). 2012年11月25日閲覧。
  29. ^ Brazil Shows China How It Is Done”. Strategy Page (2013年2月1日). 2013年2月12日閲覧。
  30. ^ 中国軍、空母の操縦をブラジルから学ぶか”. 中国網日本語版(チャイナネット) (2013年2月10日). 2013年2月12日閲覧。
  31. ^ 新華社通信 (2013年2月27日). “我国首艘航母辽宁舰27日上午首次靠泊新建航母军港”. 中央政府门户网站. 2013年2月28日閲覧。
  32. ^ 中国海軍の空母・遼寧、南下して青島の“某軍港”に停泊”. サーチナ (2013年2月27日). 2013年2月28日閲覧。
  33. ^ 中国海军辽宁舰编队赴西太平洋海域开展远海训练”. 中国军网 (2016年12月24日). 2016年12月25日閲覧。http://www.81.cn/xwfyr/2016-12/24/content_7422369.htm
  34. ^ 12/25[公表]中国海軍艦艇の動向について (PDF)”. 防衛省統合幕僚監部 (2016年12月25日). 2016年12月25日閲覧。http://www.mod.go.jp/js/Press/press2016/press_pdf/p20161225_01.pdf
  35. ^ 中国空母「遼寧」、南シナ海で訓練 戦闘機の発着艦など
  36. ^ 獨家》監控中國遼寧號航母動向 美日台P-3C反潛機首度接力「聯防」
  37. ^ 中国空母が沖縄・宮古島間を通過 防衛省が確認
  38. ^ 中国空母が沖縄-宮古間通過=18年4月以来、最新補給艦と-防衛省
  39. ^ 中国海軍艦艇の動向について
  40. ^ 中国の空母「遼寧」 沖縄本島と宮古島間を通過 領海侵入なし
  41. ^ 中国海軍艦艇の動向について
  42. ^ 田辺義明「最新・中国航空・軍事トピック 国産空母の進水」 『航空ファン』第66巻第7号(2017年7月号) 文林堂
  43. ^ 大連造船所は、中国の造船所の中では蒸気タービンやボイラーに関する経験が最も豊富な会社である。また、中国は、元となったヴァリャーグと同系列の蒸気タービンを装備するソブレメンヌイ級駆逐艦を購入しており、これを参考にしたと思われる
  44. ^ 小原凡司「中国空母につきまとう疑問符」『世界の艦船』第783号、海人社、2013年9月、 116-119頁。
  45. ^ MDC軍武狂人夢「遼寧號(瓦良格號)航空母艦」
  46. ^ 「中共遼寧號航母今(26)日0900時通過屏東鵝鑾鼻南方90海里續向西南航行,我均有預置海、空兵力全程警戒、監偵與應處,籲請國人安心。」”. 中華民國國防部 (2016年12月26日). 2017年2月21日閲覧。
  47. ^ 「中共遼寧號航母今(26)日1400時經我東沙島東南海域續向西南航行,執行跨海區訓練任務,國防部將持續掌握其未來行動,請國人放心。」”. 中華民國國防部 (2016年12月26日). 2017年2月21日閲覧。
  48. ^ 毎日頭條 (2016年12月28日). “遼寧艦航母一路狂奔戰鬥群保持著30節的高航速”. 2017年2月21日閲覧。
  49. ^ 風傳媒 (2017年1月3日). “獨家》監控中國遼寧號航母動向 美日台P-3C反潛機首度接力「聯防」”. 2018年4月21日閲覧。
  50. ^ a b Сайт «АТРИНА» • Тяжелый авианесущий крейсер пр.11436, «Варяг» типа «Рига», Kuznetsov mod. class” (ロシア語). Сайт «АТРИНА» • Боевые корабли СССР и России • 1945-2005 гг. 2009年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月10日閲覧。
  51. ^ 长江商报 (2012年9月28日). “航母编队投资或高达千亿”. 现在网. 2012年10月5日閲覧。
  52. ^ 陸, 易「空母「山東」(中国) (特集・アジアの「空母」全タイプ)」『世界の艦船』第919号、海人社、2020年3月、 78-81頁。
  53. ^ 吴金明 (2019年4月23日). “辽宁舰升级改造 崭新亮相(图)”. 新浪首页. 2019年12月18日閲覧。

外部リンク[編集]