遵義会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遵義会議の開催場所

遵義会議(じゅんぎかいぎ、中国語 遵义会议、ツンイーホイイー、Zūnyì huìyì、英語 Zunyi Conference)は、1935年1月15日から17日までの3日間、貴州省遵義県(現遵義市)で開催された中国共産党中央政治局拡大会議。この会議によって毛沢東の軍事指導権が再び高まった。

場所[編集]

国民革命軍の第5次囲剿によって中華ソビエト共和国江西中央ソビエト区を放棄して長征を余儀なくされた紅軍は、毛沢東の提案によって国民革命軍の手薄な貴州省へ移動、1935年1月北部の中規模都市である遵義県に入り、県城の琵琶橋(後に子尹路80号となり、現在は紅旗路87号)にある、黔軍二十五軍二師師長柏輝章の邸宅を占拠した。ここで10日間とどまる中、本館二階の客間で今後の方針会議を行った。この邸宅は敷地面積が1万平方メートルを越え、中庭を囲むように建物が建てられている。この場所は1961年に第1回指定の「全国重点文物保護単位」となった。

出席者[編集]

※『遵義会議文献』による。氏名配列も同じ。
  • 政治局委員(氏名の筆画順)

毛沢東朱徳陳雲周恩来張聞天博古秦邦憲

  • 政治局候補委員(氏名の筆画順)

王稼祥鄧発劉少奇凱豊何克全

  • 中央秘書長

鄧小平

  • 紅軍総部と各軍団責任者

劉伯承李富春林彪聶栄臻彭徳懐楊尚昆李卓然

李徳(ドイツ人 オットー・ブラウン)、通訳 伍修権

決議事項[編集]

陳雲が書き記した『遵義会議政治局拡大会議伝達提綱』によると、以下の決議が行われた。

  1. 毛沢東を中央政治局常務委員に選出する。
  2. 張聞天に決議を起草させ、常務委員会に委託して審査した後、支部に送って討論する。
  3. 常務委員の職務分担をさらに改める。
  4. 党の最高権力集団である「三人団」(博古、オットー・ブラウン、周恩来)を解散して、朱徳と周恩来を軍事指揮者とし、周恩来は党内で委託された軍事全般について最後の決断を下す責任者とする。

この会議で博古らソ連留学組中心の指導部は失脚し、周恩来を軍事の最高指導者、張聞天を党中央の日常業務の責任者とする新指導部が発足した。しかし、まもなく周恩来は毛沢東に最高軍事指導者の地位を明け渡し、毛沢東が党内の実権を掌握していく。

合法性[編集]

この期間、紅軍長征中であり、全ての中国共産党指導者が会議に参加できたわけではない。このため、中国共産党内部でも遵義会議の決定事項に対しては疑義を唱えるものも少なからず存在し、長征終了まで若干の混乱を残すことになった。

1985年1月、中共中央党史資料征集委員会、中央档案館編『遵義会議文献』(人民出版社)が公開発行され、「中共中央の敵の第五次“包囲討伐”反対に関する総括決議」(遵義会議決議)、陳雲「遵義政治局拡大会議伝達提綱」などが収録された。「中共中央の敵の第五次“包囲討伐”反対に関する総括決議」の当時の油印版テキスト(中央档案館所蔵)冒頭部分の写真も収められている。これ以前にも、遵義会議決議は『六大以来-党内秘密文件』などの内部発行資料集には収録されていた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 中共中央党史史料征集委員会 中央档案館編『遵義会議文献』 人民出版社 1985年1月