適用態

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

適用態(applicative)あるいは、適用構文(applicative construction)適用形充当態とは、斜格を動詞の結合価に追加する態である。

[編集]

シエラ・ポポルカ語

teːñ「かれは立ち上がった」

i-tyeːñ-ka「彼はそれを使って立ち上がった」

目的語-3 単数 立ち上がった-具格

関連項目[編集]

参考文献[編集]

リンゼイ・J・ウェイリー(2006).言語類型論入門―言語の普遍性と多様性,岩波書店(原書は1996)