遠軽瀬戸瀬インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遠軽瀬戸瀬インターチェンジ
Engaru-Setose.IC.JPG
旭川方面入口(2017年3月)
所属路線 E39 旭川紋別自動車道
IC番号 8
起点からの距離 91.7 km(比布JCT起点)
丸瀬布IC (11.2 km)
(6.8 km) 遠軽IC
接続する一般道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
北海道道463号標識
北海道道493号奥瀬戸瀬瀬戸瀬停車場線
供用開始日 2017年平成29年)3月19日
通行台数 x台/日
所在地 099-0341
北海道紋別郡遠軽町瀬戸瀬東町
テンプレートを表示
道道493号の道路標識
※現在は遠軽IC方面にも通行可能

遠軽瀬戸瀬インターチェンジ(えんがるせとせインターチェンジ)は、北海道紋別郡遠軽町瀬戸瀬東町にある旭川紋別自動車道インターチェンジである。

北海道で最初に高速道路ナンバリング(高速道路等路線番号)標識が設置されたインターチェンジである[1]

歴史[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

E39 旭川紋別自動車道(丸瀬布遠軽道路)
(7) 丸瀬布IC - (8) 遠軽瀬戸瀬IC - (9) 遠軽IC

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式