遠藤不比人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

遠藤 不比人(えんどう ふひと、1961年 - )は、日本英文学文化学者成蹊大学文学部教授東京生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程満期退学。2012年「破綻/思弁するモダニズム 死の欲動とイギリス戦間期の文学」で一橋大学博士(学術)東京都立大学 (1949-2011)助教授の後、成蹊大学文学部教授。専攻は、20世紀イギリス文学文化

著書[編集]

  • 『死の欲動とモダニズム イギリス戦間期の文学と精神分析』慶応義塾大学出版会、2012
  • 『日本表象の地政学 海洋・原爆・冷戦・ポップカルチャー』彩流社、2014
  • 『情動とモダニティ──英米文学/精神分析/批評理論』彩流社、2017

共編著[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]