遠山友政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
遠山友政
Toyama Tomomasa.jpg
中津川市苗木遠山史料館所蔵
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 弘治2年(1556年
死没 元和5年12月19日1620年1月23日
別名 通称:三郎兵衛、久兵衛
戒名 雲林寺殿心月宗伝居士
墓所 雲林寺[1]
官位 刑部少輔
幕府 江戸幕府
主君 織田信長徳川家康秀忠
美濃苗木藩
氏族 苗木遠山氏
父母 父:遠山友忠、母:織田信長の姪[2][3]
兄弟 友信友重友政、勘兵衛、女(山村良勝室)
正室:平井七郎右衛門の娘
秀友、女(生駒利豊室)、女(山村良安室)、
女(加藤順正室)、女(遠山万五郎室)、
女(五十川某室)、女(原某室)

遠山 友政(とおやま ともまさ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将大名美濃国苗木城[4]の城主、苗木藩の初代藩主。遠山友忠の三男(嫡男)。母は織田信長の姪[2][3]で、通称は初めは三郎兵衛と言ったが、後に父と同じ久兵衛に改めた。

略歴[編集]

弘治2年(1556年)、飯羽間城で生まれる。元亀3年(1573年)、父に従って明照城に移り、祖父友勝の死で、同じく苗木城に移った。

天正2年(1574年)、武田勝頼が東美濃に侵攻した際に、長兄友信は武田方に内応し、次兄友重は明照城の落城で討ち死にした。このため友政が家督を継ぐことになった。

天正11年(1583年)、東美濃の覇権を巡って森長可と争い、その降誘を蹴って戦って敗れた。友政は父や家臣をつれて、浜松徳川家康を頼って落ち延び、菅沼定利に属した。

天正18年(1590年)の小田原征伐後、徳川氏が関東転封となると、榊原康政(あるいは井伊直政[2])に属して、その領地である上野国館林に移住した。

慶長5年(1600年)、上杉景勝が命令に従わないとして家康が会津征伐を始めると、石田三成が決起して関ヶ原の役が始まった。この時、東美濃では岩村城主の田丸直昌[5]、苗木城主の河尻秀長犬地城主の遠藤胤直、また犬山城主で木曽代官であった石川貞清など尽く西軍に属した。徳川秀忠を大将とする東軍が中山道に進んで来ると知ると、彼らはこれを封鎖しようとしたので、家康は木曾義利[6]の家臣山村良勝千村良重を木曽へ、友政を苗木へ、(明知遠山氏の)利景を明知へ、小里光親小里へ派遣するなどして、故郷に戻って兵を集めて城を攻略するように命じた。河尻秀長は伏見城の戦い等に参加して苗木城には不在で、友政は勝手知ったる旧領に戻ると中津川・駒場に放火。領民を諭して味方につけて城に攻めかけて、混乱のうちに城を奪還して入城した。各々も各城を落として田丸勢を岩村城に包囲したところで、関ヶ原は勝敗が決し、田丸勢も投降した。(東濃の戦い)

結局は秀忠軍は遅参となったが、東美濃衆のこれらの働きは家康からも賞賛され、友政は河尻が没収された1万石をそのまま与えられて、苗木城と恵那郡・加茂郡、1万500石の知行を回復した。

慶長19年(1614年)、大坂冬の陣では伊勢国桑名城を守備し、翌年の大坂夏の陣では松平忠明の隊に属して、首級2つの武功を挙げた。

元和5年(1620年)、苗木城で死去した。享年65。法名は雲林寺殿心月宗伝居士。家督は嫡男の秀友が継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 雲林寺は苗木遠山氏の菩提寺で、友政を開基とする。
  2. ^ a b c 『遠山家譜』(東京大学史料編纂所蔵)
  3. ^ a b 大日本人名辞書刊行会 1926, p.1805
  4. ^ 岐阜県中津川市
  5. ^ 森長可の子、森忠政は信濃松代城に転封。
  6. ^ 関東転封時に家康に付けられて移封された。

参考文献[編集]