遠く6マイルの彼女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

遠く6マイルの彼女』(とおく6マイルのかのじょ)は、ヤマグチノボル/著、松本規之/イラストによる日本ライトノベル富士見ミステリー文庫刊。「海沿いのサマータイム」は連載時の名称。2006年2月発行。日立三部作の第2作目。

ストーリー

高三の魚住研は6年前、バイク事故で亡くなった優秀な兄・究への劣等感を未だに抱いていた。バイクで国道を飛ばす瞬間だけ、忘れられる気がして走りを繰り返す。ある日、高校に兄の元カノ・森崎京子が赴任してくる。京子に惹かれていく研だったが、彼女もまた、究の死に囚われていることに気付いてしまう。究を失った6年前から、止まったままの自分と京子の時間。ほろ苦い劣等感と初恋を解かす、青春ピュア・ラブストーリー。

登場人物

魚住研(うおずみ けん)
兄がいたが交通事故で亡くしている。
森崎京子(もりさき きょうこ)
英語のグラマーの教師として赴任する。
雨宮カオル(あまみや かおる)
啓介の妹。
魚住究(うおずみ きわむ)
研の死んだ兄貴。
雨宮啓介(あまみや けいすけ)
バイク屋の息子。

既刊一覧