道化恐怖症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

道化恐怖症(どうけきょうふしょう、: Coulrophobia)は、恐怖症のひとつ。メーキャップしたピエロを見ると、本来ゆかいなおどけものを象徴したそのキャラクターに対して極めて恐怖感を覚える病的な心理。ピエロ恐怖症。英語表記をカナ転記したコルロフォビアも用いられる。

道化恐怖症は、いわゆる精神科医の手助けが必要な不安障害などとは異なる。恐怖感を感じる理由として「メーキャップされた顔からは、感情を読み取ることが出来ないから」「欧米ではサーカスが身近で、物心付く前、なんにでも恐怖を感じる年齢の時にピエロを見るから」「バットマンジョーカーなど、ピエロの一般イメージを逆手にとって、逆に悪役パターンが多く、そのイメージが定着した」などの説がある。ジョニー・デップもこの恐怖に襲われており、克服のためにあえてピエロの人形を家に置いている[1]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “ジョニー・デップも悩まされる「ピエロ恐怖症」が欧米で拡大中”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2015年4月10日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/386948/ 2017年5月26日閲覧。 

関連項目[編集]