道了堂跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

道了堂跡(どうりょうどうあと)とは東京都八王子市鑓水の現在の大塚山公園内にある絹の道(神奈川往還)に関連する文化財である。

道了堂跡
道了堂跡へ続く山道

概要[編集]

1874年明治7年)に鑓水商人が浅草花川戸から道了尊勧請したことが始まりである。1875年明治8年)には道了堂(永泉寺別院大塚山大学寺[1])が建立され絹の道の中継地として栄えた。

階段を上ったところにある二基の灯籠1890年(明治23年)に作られたものである。

1908年(明治41年)に横浜鉄道(現JR横浜線)が開通すると絹の道が衰退していき、1963年昭和38年)9月10日に堂守りの老婆が殺害された事件[1]があった以降は無住となり堂宇が荒廃[2]1983年昭和58年)には不審火による火災で堂宇が焼失したため、八王子市によって道了堂は解体された。

1990年平成2年)には大塚山公園として整備された。大塚は鑓水の旧小字である[3]

大塚山公園から絹の道資料館までの未舗装区間は文化庁によって「歴史の道百選」に選定されている。

稲川淳二による首なし地蔵の怪談[4]で舞台になった場所でもある。

出典[編集]

  1. ^ a b 辺見じゅん 『呪われたシルクロード』 角川文庫1980年ISBN 978-4041475010
  2. ^ 中央電子株式会社. “八王子散歩道 大塚山公園/道了堂跡”. 2010年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月10日閲覧。
  3. ^ 八王子辞典の会 『八王子辞典』 かたくら書店2001年ISBN 4-906237-78-9
  4. ^ 稲川淳二の真夜中のタクシーなど。

関連項目[編集]