道セン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「道璿」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

道璿(どうせん、702年長安2年) - 760年5月7日天平宝字4年4月18日))は、中国代の僧。

概略[編集]

洛陽大福先寺に住して定賓(じょうひん)に戒律を、北宗系ので第7祖とされる普寂華厳教学を学んだ。

入唐した僧栄叡普照の要請により、鑑真に先だち戒律を将来するために日本に招かれ、736年開元24年、天平8年)インド出身の僧菩提僊那・ベトナム出身の僧仏哲とともに来日する。

渡来後の道璿は、北宗禅を広めるため、大安寺に「禅院」を設置し、戒律では『梵網経疏』を撰した。また、天台宗にも精通していた。

後に、吉野の比蘇山寺に入り、修禅に精励し、山岳修験者にも少なからぬ影響を与えたとされる。

影響[編集]

弟子には行表722年 - 797年)らが出た。なお、行表は、最澄の師である。最澄の「四種相承」(天台・密教・禅宗・大乗戒)の思想は、道璿が伝えた玉泉天台(荊州玉泉寺の天台)の影響とされる。