道の駅農匠の郷やくの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
農匠の郷やくの
道の駅農匠の郷やくの
登録路線 国道9号
登録 第18回 (26009)
登録年月日 2002年8月13日
開駅年月日 1999年4月15日
営業時間 10:00 - 17:00
所在地
629-1322
京都府福知山市
夜久野町平野2150番地
座標
外部リンク 国土交通省案内ページ
テンプレート / プロジェクト道の駅
道の駅農匠の郷やくのの位置
道の駅農匠の郷やくのの位置
道の駅農匠の郷やくのの位置
道の駅農匠の郷やくのの位置

道の駅農匠の郷やくの(みちのえき のうしょうのさとやくの)は、京都府福知山市にある国道9号道の駅である。

2002年平成14年)8月13日に道の駅に登録された。

概要[編集]

規模の大きい道の駅で、売店、レストラン、宿泊施設、夜久野高原温泉、ベゴニア園、郷土資料館、丹波漆の展示館、茶室などがある。「農匠の郷」と命名されているだけあって農産物の産直販売に力を入れており、堀川ごぼうやぶどう、夜久野茶、黒豆などが販売されている。

村おこしとして成功したとの報道もあったが、指定管理を受けていた株式会社やくのふる里公社が2007年(平成19年)11月に経営難から指定管理を返上(その後破産)。レストラン、温泉、宿泊施設などが一時閉鎖される事態となった。設置者の福知山市では改めて指定管理者を公募し、翌2008年(平成20年)に一部の営業を再開している(詳細は後述)。

施設[編集]

  • 駐車場
    • 普通車:170台
    • 大型車:8台
    • 身障者用:3台
  • トイレ(いずれも24時間利用可能)
    • 男:大 2器、小 4器
    • 女:6器
    • 身障者用:1器
  • 公衆電話
  • 売店(10:00 - 18:00 休:水曜)
  • レストラン(11:00 - 21:00 休:水曜)
  • 軽食(10:00 - 18:00 休:水曜)
  • 温泉(10:00 - 22:00 休:水曜) 泉質:ラドン温泉

アクセス[編集]

近年駅から裏山を直接登ることのできる歩道が整備されており、これを利用することで10分少々で到着できる。

やくのふる里公社破産問題[編集]

農匠の郷やくののうち温泉・宿泊施設等6施設は1998年(平成10年)に天田郡夜久野町(当時)が設立した第三セクター「やくのふる里公社」が運営していた。この間2005年(平成17年)10月には指定管理者制度により指定管理者となっていた。

しかしながら隣接する温泉施設との競合から夜久野町から3000万円の補助金を受けた2005年度以外は赤字決算が続き、2006年(平成18年)度には約800万円の債務超過になった。2007年(平成19年)に入ると経営は深刻化し、従業員への給与遅配などの問題が発覚、さらには温泉施設での大腸菌の検出による一時閉鎖なども重なり、8月には福知山市に対し指定管理業務の返上を申し出るに至った。これにより先行して閉鎖された温泉施設をはじめ6施設が閉鎖された。やくのふる里公社は2007年(平成19年)11月に破産に至った。

福知山市では事態を収拾するため改めて指定管理者を募集、温泉施設などは福知山温泉ホテルロイヤルヒル福知山が、体験農園はやくの農業振興団が指定管理者候補として選定された。

新たな指定管理者により再開準備が進められ、2008年(平成20年)4月に温泉施設が再開、宿泊施設と茶室も6月から再開された。レストランと和菓子づくり体験施設は現在[いつ?]も休業中である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]