ぎふ清流里山公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
道の駅みのかもから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
平成記念公園[1]
Seiryu satoyama park ginza.jpg
園内
ぎふ清流里山公園の位置(岐阜県内)
ぎふ清流里山公園
分類 都市公園(広域公園)[広報 1]
所在地
岐阜県美濃加茂市山之上町2292-1
面積 約84ha[1]
開園 2003年4月16日
運営者 岐阜県(指定管理者:昭和村MCグループ)
テンプレートを表示
昭和銭湯 里山の湯

ぎふ清流里山公園(ぎふせいりゅうさとやまこうえん)は、岐阜県美濃加茂市にある昭和30年代の里山をイメージしてつくられた都市公園[1](岐阜県営都市公園)。都市公園法上の旧名称は平成記念公園

旧愛称は日本昭和村(にほんしょうわむら)[1][広報 2]道の駅として道の駅みのかもを併設する。2018年平成30年)4月8日に、現在の名称へ変更・リニューアルし入場無料になった。

概要[編集]

園内には木造校舎や遊具、万華鏡作りなどの体験教室、桑畑茶畑等が広がる。2003年に岐阜県が整備し、ファームによって運営開始された。岐阜県内に現存した建物が移築される場所もある。名誉村長には中村玉緒が就任し、1年に1度のペースで訪村している。2003年平成15年)4月16日にオープン。敷地面積は約83.9ha(計画は約159.6ha)。ファームは途中から運営から離脱し、平成25年から指定管理者制度に基づき、株式会社名鉄インプレス、株式会社岐阜グランドホテル、株式会社名鉄レストラン中央コンサルタンツ株式会社、名鉄環境造園株式会社の5社による「昭和村MCグループ」が管理・運営した。2018年に、「ぎふ清流里山公園」に名称変更してリニューアル[2]。指定管理者もシダックス大新東ヒューマンサービス株式会社に変わり、運営団体として「ぎふ清流里山公園みらい創造グループ」を設立した[2]。入園料を無料化し、大型遊具の投入などを予定した[2]。リニューアルオープン時の敷地面積は107.7haとされている[2]。契約期間は2025年3月31日までの予定[2]

主な施設[編集]

  • 岐阜県特産品売店「おんさい館」(道の駅「日本昭和村」)
  • 昭和銭湯里山の湯
  • 青空市場
  • 岐阜県特産品専門店「道草庵」
  • 染色・機織り・和紙クラフト&おみやげ屋「いろどり工房」
  • 芝居小屋と映像館「昭和座」
  • 農家レストランやまびこ
  • 昭和村役場(朝日村旧庁)
  • 牧場[1]
  • [1]

道の駅の施設[編集]

みのかも
日本昭和村 入り口
日本昭和村 入り口
所在地 505-0003
岐阜県美濃加茂市
山之上町2292番地1
座標
登録路線 岐阜県道342号
登録回 第18回 (21034)
登録日 2002年8月13日
開駅日 2003年4月16日
営業時間 9:00 - 18:00(3 - 11月)
10:00 - 17:00(12 - 2月)
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
公式ウェブサイト
テンプレート プロジェクト道の駅

道の駅みのかも(みちのえき みのかも)は、岐阜県美濃加茂市にある岐阜県道342号平成記念公園線の道の駅である。

公園の名称が「日本昭和村」から「ぎふ清流里山公園」に変更されたことにともない、道の駅も同時に道の駅日本昭和村(みちのえき にほんしょうわむら)から、道の駅みのかもに変更された[3]

  • 駐車場
    • 普通車:148台
    • 大型車:5台
    • 身障者用 : 2台
  • トイレ(いずれも24時間利用可能)
    • 男:大 5器、小 17器
    • 女:25器
    • 身障者用:1器
  • 公衆電話

アクセス[編集]

自動車[編集]

公共交通機関[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 小倉貞俊 (2017年2月15日). “昭和村なのに「平成記念」??? 美濃加茂の県営公園 正式名称変更へ 愛称と矛盾「分かりにくい」”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 岐阜版 22 
  2. ^ a b c d e 岐阜県美濃加茂市「ぎふ清流里山公園」を 指定管理者制度により受託運営開始 4月8日(日)、新たなコンセプトでオープン 2019年7月31日閲覧
  3. ^ 道の駅みのかも - 国土交通省 中部地方整備局

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]