道の駅うとろ・シリエトク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うとろ・シリエトク
Michinoeki Utoro sir-etok03s3.jpg
所在地 099-4354
北海道斜里郡斜里町
ウトロ西186-8
座標
登録路線 国道334号
登録回 第23回 (01099)
登録日 2007年3月1日
開駅日 2007年4月25日[1]
営業時間 8:30 - 18:30(5月から10月)
9:00 - 17:30(11月から4月)
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
テンプレート プロジェクト道の駅

道の駅うとろ・シリエトク(みちのえき うとろシリエトク)は、北海道斜里郡斜里町ウトロにある道の駅である[1]。「シリエトク」(sir-etok) とは、アイヌ語で「陸地・大地」 (sir) の「先端・前」 (etok) を意味した「大地の突端(行き詰まり)」を表す言葉であり、知床の語源でもある。

施設[編集]

道の駅の隣には知床世界遺産センターが立地している。

アクセス[編集]

ウトロ漁港第2港区(ペレケ地区)の国道334号沿いに位置しており、知床観光の玄関口となっている。

  • 斜里バス「ウトロ道の駅」バス停下車
  • 北海道中央バス・斜里バス(イーグルライナー)「道の駅うとろシリエトク」バス停下車

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “斜里・道の駅「うとろ」開業 番屋風の造り 海産物販売も 知床観光情報発信に期待”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2007年4月26日)

関連項目[編集]