遊部久蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遊部 久蔵
生誕 (1914-04-16) 1914年4月16日
日本の旗 日本 兵庫県
死没 (1977-12-12) 1977年12月12日(63歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究機関 東亜研究所
慶應義塾大学
研究分野 経済学史
母校 慶應義塾大学
テンプレートを表示

遊部 久蔵(あそべ きゅうぞう、1914年4月16日 - 1977年12月12日)は、日本の経済学者古典学派マルクスの価値論および経済学史を研究。

来歴[編集]

東京府(現・東京都)出身。慶應義塾大学卒。東洋経済新報社東亜研究所、戦後慶應義塾大学助教授、1953年教授、経済学部長。在職中に死亡。

著書[編集]

  • 中国労働者階級の状態 好学社 1948
  • 価値と価格 青木書店 1948
  • インフレーションの基礎理論 俗流インフレ論の総括的批判 思潮書林 1948
  • 中国労働者階級の状態 好学社 1948
  • インフレーションの基礎理論 思潮書林 1948
  • マルクス価値論の根本問題 時潮社 1949
  • 価値論争史 資本論 第1巻第1章第1,2節の研究 青木書店 1949
  • 価値論と史的唯物論 弘文堂 1950
  • 古典派経済学とマルクス 世界書院 1955
  • 労働価値論史研究 世界書院 1964
  • マルクス経済学 春秋社 1968
  • 商品論の構造 青木書店 1973

共編[編集]

  • 経済学講座 第1巻 資本主義経済の基礎原理 長洲一二共編 大月書店 1954
  • 『資本論』研究史 ミネルヴァ書房 1958

翻訳[編集]

参考文献[編集]

  • 日本人名大辞典