進め!たかめ少女高雄ソライロデイズ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
希萌創意 > 高捷少女 > 進め!たかめ少女高雄ソライロデイズ。

進め!たかめ少女高雄ソライロデイズ。(すすめ!たかめしょうじょたかおソライロデイズ)とは、三木なずなによるライトノベル。イラストは初夏が担当。

概要[編集]

台湾高雄市の地下鉄、高雄捷運のマスコットキャラクターである高捷少女メディアミックス作品群のうち、日本で展開しているライトノベル。高雄捷運に務める女性社員たちを描いている。2016年5月19日より、スクウェアエニックスのオンラインコミックサイト「ガンガンONLINE」にてスタートし、2017年9月21日まで連載された。

SBクリエイティブのライトノベルレーベルの「GA文庫」より2017年6月14日に第一巻が文庫化された。

台湾でもほぼ同じキャラクター設定で中文版のライトノベル「前進吧!!高捷少女」(日常編・音躍編・禮贈編)が刊行されているが、別の作家を起用しており、ストーリーも両国で多少異なる。

登場人物[編集]

たかめ少女[編集]

シャオチョンとエミリアが「高雄メトロにもっと人を呼びたい」という思惑を偶然隣り合わせた時に語ったことから結成、同じ「高雄メトロ」への思いがあるジェアーとナナを加えて、4人体制のユニットとなった。

小穹(シャオチョン)
仕事:駅員
女性と子供に人気がある、メトロの花形駅員なのだが、グルメで太り気味な体重が悩み。
彼女が発起人としてエミリアを誘い、さらにジェアー、ナナを加えた。また、タキシード姿でハイヤーを予約して三人をクリスマスパーティーに招待した(エミリアたちは自分たちの分をきちんと支払っている)。
艾米莉亞(エミリア)
仕事:運転士
台湾とドイツのハーフ。身長不足が悩み、シャオチョンやジェアーに「ラブロマンスの主人公」にたとえられて揶揄されるが、シャオチョンが本命らしい。
高雄メトロの存在感アップを高めるという口実で、食いしん坊旅をするシャオチョンにジェアーとともに「太るよ」と突っ込む。
婕兒(ジェアー)
仕事:エンジニア
エミリアが「自分より小柄である」ことと、シャオチョンが「同じメトロを思っている」ことを理由にスカウトされる。一度は断るが、結果的には乗ってしまう。ナナの熱狂的ファンで、彼女がきっかけでナナを誘うことになった。
ナナフェチが災いして度が過ぎるコスプレを自分のパソコンでやらかすが、呆れたエミリアに有無を言わさずナナの度が過ぎた着せ替えのコスプレを消去された。
耐耐(ナナ)
仕事:コールセンター担当
ジェアーが彼女のファンであることと、噂のヴァーチャルアイドルらしいことからスカウトされる。
シャオチョンたちがコールガイダンスを利用してスカウトされたとき、彼女は三人の秘密を盾に断ろうとするが、シャオチョンが「私もナナの秘密を握っている」と寄り切られてしまう。実は対人恐怖症でそれを隠すために彼女の特技で振り切ろうとしたらしい。それを知ったシャオチョンはエミリア、ジェアーの協力を得て駅員、車掌、エンジニアのヘルパー(濡れタオルのサービス)をさせたうえで克服させた。

その他[編集]

「たかめ少女」をサポートする登場人物など。

詩楓(スーフォン)
高雄メトロで彼女の上司に依願される形でプロデューサーとなる。「引き受けたからには、彼女たちを盛り上げる」と力を入れる。ユニットの取り組みには協力的だが、天真爛漫なシャオチョンにはあきれている。

既刊一覧[編集]

  1. 2017年6月14日発売、ISBN 978-4797384468
  2. 2018年4月10日発売、ISBN 9789571080192尖端出版。台湾で既刊の続編ではなくソライロデイズの中文訳版。現地でのタイトルは「前進吧!高捷少女 湛藍時光」)

外部リンク[編集]