連鎖反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

連鎖反応(れんさはんのう、chain reaction)とは一般に、ある反応における生成物や副産物が新たに同種の反応を引き起こし、結果的に反応が持続したり拡大したりする状態を指す。

  1. 核化学原子核中性子を吸収して核分裂反応を起こした結果、吸収した中性子よりも多くの中性子が放出され、さらに別の原子核の核分裂を連鎖的に引き起こす状態。→ 連鎖反応 (核分裂)
  2. 化学化学反応の生成物が同じ反応の材料となって反応が持続する状態。例えば、H2 + Cl2 の連鎖反応では1回の反応で1個の H2 または Cl2 分子と1個の H・ または Cl・ フリーラジカルが消費され、1個の HCl 分子ともう一つのフリーラジカルが生成される。→ 連鎖反応 (化学反応)
  3. 電子工学電子雪崩 (electron avalanche) :強い電場の中で自由電子が気体分子と衝突すると新たな電子が叩き出され、これが電場で加速されてさらに別の分子と衝突して加速度的に電子数が増える現象。比例計数管などに用いられる。

関連項目[編集]