連合大学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

連合大学院(れんごうだいがくいん)とは、東海大学北海道東海大学九州東海大学大学院にあった研究科のことである。

概要[編集]

基幹となる研究科に組織を設置して、他大学の協力を得て、教育研究を実施する仕組みであった。

沿革[編集]

  • 2005年4月
    • 東海大学を基幹大学として、北海道東海大学九州東海大学の博士課程だけで構成される理工系の「連合大学院博士課程」を開設。
  • 2008年4月
    • 東海大学に北海道東海大学・九州東海大学が改組・統合し、「連合大学院博士課程」を東海大学大学院に移管。

設置[編集]

2008年4月までの研究科

2008年4月からの研究科

関連項目[編集]