造形芸術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

造形芸術(ぞうけいげいじゅつ、: Plastic arts)は、「プラスチック・アート」とも呼ばれ、セラミックなどのモデリング可能なメディアの造形技術による芸術である[1]。この用語は、文学音楽とは対照的に、すべての視覚芸術絵画彫刻映画写真など)に広く使用される場合がある。より狭い定義のプラスチック・アートが使用する材料には、木材コンクリートガラス金属粘土などがあり、成形が可能なものの彫刻が含まれる。「プラスチック」という用語は、ある種の合成有機樹脂が発明されて以来、それらを意味するために使用されていたが、「プラスチック・アート」という言葉は、造形芸術を表す用語として以前から使用されている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “造形芸術とは” (日本語). コトバンク. 2021年3月3日閲覧。