造作材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

造作材(ぞうさくざい)は、建築内部の仕上げ材取り付け材の総称。天井階段のほか、和室における鴨居敷居長押や、洋室におけるドア枠沓擦りケーシング笠木などに使われる。化粧材とも呼ばれる。

一般に造作材は、建築の骨組みが完成してから用いられる。また、建築の構造には直接関係しないが、使い勝手や環境を大きく左右する。人の目に触れる場所で使われることから、造作材は構造材よりも高価である。近年では使途や費用に応じて単一造作材、集成造作材、化粧シート貼り造作材など様々な造作材が使用される。