速水佑次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
速水 佑次郎
生誕 1932年11月26日
死没 (2012-12-24) 2012年12月24日(80歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 農業経済学
開発経済学
母校 東京大学教養学部卒業
実績 発展途上国農業開発論
受賞 日経・経済図書文化賞
1973年1996年
福岡アジア文化賞2001年
テンプレートを表示

速水 佑次郎(はやみ ゆうじろう、1932年(昭和7年)11月26日 - 2012年(平成24年)12月24日[1])は、日本経済学者農業経済学開発経済学)。位階正四位勲等瑞宝重光章学位博士アイオワ州立大学)。東京都立大学名誉教授文化功労者

東京都立大学経済学部教授青山学院大学国際政治経済学部教授、政策研究大学院大学教授などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京府(のちの東京都)出身。東京都立大学附属高等学校を経て、東京大学教養学部教養学科卒業。

経済学者として[編集]

農林水産省農業総合研究所で研究員となり、1957~60年に米国アイオワ州立大学経済社会学部大学院へ留学し、同大学院博士課程修了。農業経済学の博士号を取得した。1960年(昭和35年)に農業総合研究所に復職後、1966年(昭和41年)に東京都立大学経済学部助教授となり、1972年(昭和47年)に同教授に就任する。1986年(昭和61年)に東京都立大学名誉教授、同年に青山学院大学国際政治経済学部教授、2000年(平成12年)より国際開発高等教育機構(FASID)大学院プログラムディレクターおよび政策研究大学院大学教授となる。

この間、1968~70年にミネソタ大学客員准教授、1974~76年にフィリピン国際稲作研究所主任研究員、1981年(昭和56年)にデリー経済成長研究所客員教授、1984年(昭和59年)にオーストラリア国立大学客員研究員、1991年(平成3年)にイェール大学経済成長センター客員教授、1995~96年にコーネル大学李登輝客員教授を歴任する。また、アメリカ農業経済学会名誉会員、国際農業経済学会名誉会員である。

1999年(平成11年)に紫綬褒章、2004年(平成16年)に文化功労者となり、2007年(平成19年)には瑞宝重光章を受章した。2012年12月24日誤嚥性肺炎のため死去。同日付で歿後正四位[2]

略歴[編集]

賞歴[編集]

  • 日本農業経済学会賞
  • アメリカ農業経済学会賞
  • 日経・経済図書文化賞(『日本農業の成長過程』創文社)
  • 日経・経済図書文化賞(『開発経済学』創文社)
  • 総合研究開発機構(NIRA) 政策研究東畑記念賞
  • 福岡アジア文化賞

栄典[編集]

著書[編集]

  • Agricultural Development: An International Perspective,co-edited with Vernon Ruttan (Johns Hopkins University Press, 1971 / Revised edition, 1985)
  • 『日本農業の成長過程』(創文社、1973年)
  • 『開発経済学』(創文社、1996年/新版、2000年)
  • Development Economics (Oxford University Press, 1997)
  • 『農業経済論 新版』(神門善久共著、岩波書店、2002年)

他、和文、英文で論文・著作が多数ある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 訃報:速水佑次郎さん死去 有名人の葬儀 2012年(平成24年)12月26日閲覧
  2. ^ 「叙位・叙勲」『官報』5974号、国立印刷局2013年1月29日、9面。