通町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
画像外部リンク
smtせんだい時遊map」写真
仙台軌道・通町駅
(撮影時期:大正末期)
1927年(昭和2年)頃の仙台市および近郊地図。仙台鉄道(仙臺軌道)は地図の上の方。この地図では通町駅は北田町の西側に記されている。建設前の仙台市電北仙台線は予定線として点線で示されており、仙台鉄道と交差している。

通町駅[1]または通丁駅[2]は、かつて存在した仙台鉄道(仙台軌道)の駅である。宮城県仙台市にあった。

正式な読みは不明であり、通町駅が営業していた当時の地図では「とうりまちえき[3]」、あるいは「とうりちやうえき[4]」との平仮名表記(歴史的仮名遣)が見られる。

現在の仙台市では通町に表記が統一されており、「とおりちょう」と読むのが一般的である。

歴史[編集]

通町駅は1922年(大正11年)10月6日に開業した。この時は、仙台軌道(仙台鉄道)の起点駅だった。しかし仙台市電の建設がこの駅に大きな影響を及ぼすことになった。

路面電車である仙台市電は、仙台市の中心部に環状線を完成させた後、そこから分岐して四方へ延びる支線の建設を続けていた。この支線の一つである北仙台線の計画において、仙台鉄道と仙台市電の軌道が交差することが問題になった。これについて国は立体交差で北仙台線を建設するように仙台市へ指示したが、建設費用の問題から仙台市は仙台鉄道に対して平面交差を申し入れた。最終的には、仙台市が費用を負担することを条件に、仙台鉄道の通町駅から北仙台駅までの区間を廃止するということで両者が合意した[5]

こうした経緯を経て、通町駅は1937年(昭和12年)2月に廃止された。

所在地[編集]

通町駅のあった場所は、現在の住所で宮城県仙台市青葉区通町に当たる。

しかし、通町駅の詳細な位置については地図によって異なっている。青葉神社通堤通[6]との間を、それらと並んで南北に通じる北田町[7]を基準にして、通町駅をその西側に記している地図と東側に記している地図がある。

北田町の東側に記している地図[2][4][8]では、現在は東端が青葉神社通となっている北十番丁[9]がそのまま東に延びて、さらに北田町との交差点を越えた先の突き当たり付近に通町駅を記している(地図)。

他方、北田町の西側に記している地図[3]では、北十番丁と北田町の交差点の南西角付近に通町駅を記している(地図)。

この地域には小川を暗渠化した上に造られた小道が、北山五山の1つ資福寺の門前付近(地図)から堤通まで(地図)東西に通っている。この小道の東端に続いて仙台浅草が東西に通じ、宮城県道136号北仙台停車場線をはさんで仙台浅草の東方に仙台鉄道の北仙台駅[10]があった。そのため、この小道の北田町より東側の区間および仙台浅草が仙台鉄道の廃線跡であり、通町駅もこの小道上にあったとする見方があるが、詳細は不明である。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

仙台鉄道(仙台軌道)
仙台鉄道線
通町駅 - 北仙台駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 多くの地図での表記
  2. ^ a b 盛文館(東京府東京市京橋区)の「『最新刊 地番入 仙臺市地圖 中央部』昭和十一年改正版」(1936年10月10日発行)
  3. ^ a b 新光社「日本地理風俗大系 第4巻」掲載の1927年(昭和2年)頃の仙台市の地図
  4. ^ a b 1930年(昭和5年)発行の仙台市の地図
  5. ^ 『仙台市史』通史編7(近代2)317頁。
  6. ^ 仙台市道青葉765号・堤通線(北端 - 南端
  7. ^ 仙台市道青葉761号・北田町線(北端 - 南端
  8. ^ 仙台軌道停車場せんだいメディアテーク「せんだい時遊map」の『地番入 仙臺市全圖 大正十五年度最新版』)
  9. ^ 仙台市道青葉755号・北十番丁線(西端 - 東端
  10. ^ 後の宮城交通北仙台ターミナル、ライオンズタワー仙台青葉。地図

参考文献[編集]

  • 仙台市史編さん委員会 『仙台市史』通史編7(近代2) 仙台市、2009年。

関連項目[編集]