通導散

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

通導散(つうどうさん)とは、漢方方剤の一種。出典は西暦1587年(時代)の『万病回春』。

概要[編集]

瘀血に効果を示す。具体的には、血液循環を改善し、便通を良くし、気分を落ち着ける。また月経関連症状にも効果を示す。

標準治療に加える事で、悪性腫瘍に効果を示すこともあると言われる。[1][2]

保険適用エキス剤の効能・効果[編集]

組成[編集]

大黄,芒硝,厚朴,枳実
当帰,紅花,蘇木,陳皮
木通,甘草

副作用[編集]

発疹、発赤、そう痒等。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]