逆川 (太田川水系)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

逆川(さかがわ)は、静岡県の主に掛川市を流れる二級河川太田川水系原野谷川の支流。

蛇行が激しく、たびたび水害をもたらしてきた暴れ川である。堤が欠ける(決壊する)ことから「かけがわ」(欠川→掛川)とも呼ばれ、当地域が「掛川」と呼ばれる由縁となったと伝えられている。掛川城のすぐ南を流れており、天然の濠としても使われていた。

地理[編集]

静岡県掛川市東山の粟ヶ岳に源を発し、掛川市中心部を激しく蛇行しながら西進、流路の一部では周辺の他河川とはほぼ逆向きの、南東から北西の方向へと流れる針路をとりながら、袋井市愛野付近で原野谷川に合流する。

歴史[編集]

主な支流[編集]

  • 倉真川
  • 垂木川