逆受動態

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

逆受動態(ぎゃくじゅどうたい、antipassive voice)とは、行為者が主語になり、行為の対象は目的語にならずに斜格で表されるである[1][2][3]

名称[編集]

Antipassive という名称は1968年マイケル・シルバースティーンによって造られた[4][注釈 1]。これとは別に、1969年にはウィリアム・ヤコブセンが agentive という呼び方で同じ現象についての発表を行なっている[4][注釈 2]

注釈[編集]

  1. ^ ロバート・ディクソンハーバード大学で開いていたオーストラリア原住民語の講義中に、ジルバル語の接尾辞 -ŋa-y の用法を記述するためにシルバースティーンが考案した[4]
  2. ^ この発表は1985年に出版された[5]

出典[編集]

  1. ^ Dixon 1994: 146.
  2. ^ Polinsky 2011.
  3. ^ Trask 1992: 17.
  4. ^ a b c Dixon 1994: 149.
  5. ^ Jacobsen 1985.

参考文献[編集]

  • Dixon, R. M. W. (1994) Ergativity. Cambridge: Cambridge University Press.
  • Jacobsen, William H. (1985) The analog of the passive-transformation in ergative type languages. In: Johanna Nichols and Anthony C. Woodbury (eds.) Grammar inside and outside the clause: Some approaches to theory from the field. Cambridge: Cambridge University Press, 176-191.
  • Polinsky, Maria (2011) Antipassive constructions. In: Matthew S. Dryer and Martin Haspelmath (eds.) The world atlas of language structures online. Munich: Max Planck Digital Library, chapter 108. Accessed on 2012-11-30.
  • Trask, R. L. (1992) A dictionary of grammatical terms in linguistics. London: Routledge.
  • 角田太作 (1988)「オーストラリア原住民語」亀井孝河野六郎千野栄一(編)『言語学大辞典 第1巻 世界言語編(上)』三省堂, 992-1031.