送り雀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
送り雀の正体と指摘されている実在の鳥、アオジ

送り雀(おくりすずめ)は、和歌山県奈良県吉野郡東吉野村に伝わる妖怪[1]。和歌山では雀送り(すずめおくり)ともいう[2]。その鳴き声を実在の鳥のアオジにたとえ、蒿雀(あおじ)とも呼ばれる[3]

夜、人が山道を歩いていると「チチチチ……」と鳴きながら飛んでくる[1]。夜に提灯を灯して歩いていると、寄って来るともいう[4]。和歌山では妙法山によく現れたという[5]。この鳴き声の後にはオオカミ[5]、もしくは妖怪・送り狼が現れるといい[4]、道で転倒するとすぐにそれらに襲撃されてしまうため、送り雀の鳴き声を聞いた者は、転ばないよう足元に注意を払いつつ歩いたという[1]

の名の通り、鳥の姿だとされるが、その姿を見た者は誰もいない[4]。前述のアオジが送り雀の正体ともいうが、夜に飛ぶためにアオジとは違うとの指摘もあり[5]、実は兎だという地域もある[6]。また、これと似た妖怪に「夜雀」があり[7]、奈良では夜雀が送り雀と同一視されることもある[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、76頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 水木しげる妖鬼化』4、Softgarage2004年、142頁。ISBN 978-4-86133-016-2
  3. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社〈Truth in fantasy〉、1990年、85頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  4. ^ a b c 沖野岩三郎「森の動物」、『動物文学』33号、動物文学会、1937年9月、 45-46頁。
  5. ^ a b c 民俗学研究所編著 『綜合日本民俗語彙』第1巻、柳田國男監修、平凡社1955年、230頁。
  6. ^ 47都道府県・妖怪伝承百科、2017年、206頁。
  7. ^ 『妖怪事典』、360頁。
  8. ^ 送り雀”. 怪異・妖怪伝承データベース. 国際日本文化研究センター. 2010年12月25日閲覧。

関連項目[編集]