追悼のざわめき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
追悼のざわめき
監督 松井良彦
脚本 松井良彦
製作 安岡卓治
出演者 佐野和宏
音楽 菅沼重雄
撮影 手塚義治
村川聡
井川義之
編集 高島健一
緒方達也
鐘門律知
佐々木宏
製作会社 欲望プロダクション
公開 日本の旗 日本 1988年5月28日
上映時間 150分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

追悼のざわめき』(ついとうのざわめき)は、松井良彦監督・脚本による1988年の日本のドラマ映画。

キャスト[編集]

製作[編集]

1983年頃、松井良彦は本作の脚本を書き上げる[1]。しかし、当時は誰もが映像化不可能と考えており、寺山修司は「この脚本が映画になれば、スキャンダルを起こすだろう」と語っていた[1]。1986年に完成するまで、製作に3年の歳月を費やした[2]

上映[編集]

1988年、中野武蔵野ホールにて公開される[2]。以後、2004年の閉館まで、同館で毎年5月に上映されていた[2]。本作は、同館で最高の観客動員数の記録を打ち立てた一方、激しい論争を起こした[3]。2007年には、デジタル・リマスター版が日本全国で上映された[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b Schönherr, Johannes (2006年9月13日). “Noisy Requiem”. Midnight Eye. 2015年8月7日閲覧。
  2. ^ a b c d Wing-sze, Lee (2008年1月24日). “Also showing: Yoshihiko Matsui”. South China Morning Post. 2015年8月7日閲覧。
  3. ^ Schilling, Mark (2008年2月29日). “Yoshihiko Matsui: The return of the underground king”. The Japan Times. 2015年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]