追塩千尋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

追塩千尋(おいしお ちひろ、男性、1949年4月6日 - )は、日本の歴史学者北海学園大学教授博士文学)(北海道大学、1996年)(学位論文「中世の南都仏教」)。北海道小樽市出身。

専攻[編集]

略歴[編集]

恩師[編集]

北海道教育大学在籍中は坂口勉、北海道大学大学院在籍中は大隅和雄佐伯有清が指導教官。同門に関口明がいる

著書[編集]

  • 『中世の南都仏教』(吉川弘文館1995年
  • 国分寺の中世的展開』(吉川弘文館、1996年
  • 『日本中世の説話と仏教』(日本史研究叢刊:和泉書院、1999年
  • 『中世南都の僧侶と寺院』(吉川弘文館、2006年
  • 『中世南都仏教の展開』(吉川弘文館、2011年
  • 『中世説話の宗教世界』(日本史研究叢刊:和泉書院、2013年

参考文献[編集]

門下生[編集]