迷宮キングダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

迷宮キングダム』(めいきゅうキングダム、英語表記:Labyrinth Kingdom)は日本製のTRPG。「まよキン」とも略される。河嶋陶一朗/冒険企画局著、ホビーベースより2004年に初版が発売。2006年にはルールとデータを再整備した第二版が発売された。

概要[編集]

迷宮災厄という天変地異によって、世界そのものがダンジョンとなってしまったという設定のもと、プレイヤーキャラクターはランドメイカーという存在になり、ダンジョンの中に王国を作り、民を従え国家を運営する。

国家運営とダンジョン探索の両方が行える作品であり、サプリメントの発売や、版上げによるバージョンアップなど、サポートは充実している。常にユーザから投稿を募集するというスタイルを取っており、投稿作品をまとめたサプリメントが発売された。また、「ゲームデータを公式サイト上で開示する」という珍しい手法を取っている。

サブタイトルに、シニカルポップ・ダンジョンシアターとあり、やりすぎとも思えるほど諧謔とユーモアにあふれた内容になっている。登場するモンスターの中には迷宮キングダムの略称である「まよキン」に関連していると思われる「マヨネーズ・キング」などというものも登場する。ゲームバランスは少々シビアであるが、救済用のルールも多いため、手軽にハック&スラッシュが楽しめる。

システム[編集]

キャラクターメイキング[編集]

パーティメンバーのクラスを決めて、キャラクターの背景と使命をランダムに決定する。この時、必ず国王が一人以上いなければならない。
次に、ジョブをランダムに決定する。ジョブは一人につき一つだが、従者のみ二つを選べる。
その後、クラスとジョブに応じて能力値(才覚、魅力、探索、武勇)に数値を割り振り、副能力値(HP、器、回避値、配下)を算出する。
他のPCに対する感情、好きな物と嫌いな物を決める。

王国[編集]

GMとPL全員が「王国の特徴表」を振り、結果に応じた決定表を振って王国環境を決定する。

迷宮[編集]

セッション中に冒険することになる迷宮は、基本的に3×3に並んだ九個の部屋を通路でつないだ形になっている。ランドメイカーの人数と平均レベルに応じて、配置できるモンスターや罠の数が決められている。

行為判定[編集]

行為判定は2D6の上方判定となる。2D6の目と、使用する能力値の合計が難易度を上回っていれば成功となる。
判定をする際に「希望」を消費すれば、使用できるダイスの数を増やせる。この場合、振って出た数のうち二つを選び、その合計を適用する。「希望」は国民が持つ「民の声」と、PC個人が持つ「気力」の二種類がある。
6が出た場合、判定に使用する数値に含めない代わりに「気力」を一点回復することもできる。
6ゾロが出れば絶対成功となり、「気力」を二点獲得できる。三個以上ダイスを使用した場合、6が二個以上出たときは必ず絶対成功となる。
1ゾロが出れば絶対失敗となり、「民の声」が一点減少する。三個以上ダイスを使用した場合、1が出たダイスを選ばなければ絶対失敗にはならない。

戦闘[編集]

戦闘フィールドは「本陣」「後衛」「前衛」「敵前衛」「敵後衛」「敵本陣」の六つのエリアに分かれている。PL側は迷宮に突入する際に、配置を決めておく必要がある。
初めにPLの代表一人が判定を行い、成功すればPL側、失敗すればGM側が先攻となる。先攻側がエリア移動と行動の処理を行い、後攻側が同じく移動・行動する。これを1ターンとし、ターンごとに先攻後攻を決める。

ランドメイカー[編集]

ランドメイカーとは、民からの信頼を受け、王国を運営する人々のこと。プレイヤーキャラクターは全員がランドメイカーであり、以下の役割(クラスと呼ぶ)がある。

国王
王国の中心となる。他者の行動を強化する能力や、国民の数を己の力とする能力を持つ。
大臣
王国の政治を取り仕切る。他者の失敗をフォローする能力や、他国との友好関係を良くする能力を持つ。
騎士
王国の軍事を取り仕切る。相手により大きな打撃を与える能力や、戦争を有利に進める能力を持つ。
神官
王国の信仰を取り仕切る。一部の人間の傷を多く、あるいは多数の人間の傷を少し癒す能力を持つ。
ニンジャ
王国の治安を取り仕切る。他者の身を守る能力や、通常より多く動き回る能力を持つ。
従者
他のランドメイカーの手助けをする。他者のやる気を出させる能力や、他者の能力の切り替えを手伝う能力を持つ。
民なき者
『大殺階域』で追加されたクラス。王国に縛られず迷宮を旅する。独自のスキルを持たない代わりに他クラスのスキルを1種類だけ修得できる。

世界設定[編集]

百万迷宮[編集]

生活様式[編集]

宗教[編集]

列強国[編集]

百万迷宮中で最大勢力を誇る四つの国家。

ダイナマイト帝国
ダイナマイト大帝が一代で築いた新興帝国。迷宮全てを爆破することを目標としている。首都ダイナマイトシュタットは百万迷宮中最大級の空洞にある。
千年王朝
百万迷宮で最も古い魔術国家。災厄王を唯一の王としているために王位は空席のままで、大宰相と賢人会議によって運営されている。首都ペルペティウムにはいくつもの巨大図書館が存在している。
メトロ汗国(はんこく)
列車で移動する遊牧国家。国の代表である大汗(だいはん)は男性だが、氏族の公主は女性が務めている。氏族ごとに列車を持ち、有力な氏族の列車に宮廷の車両が連結され、首都となる。
ハグルマ資本主義神聖共和国
始祖ハグルマを崇める巨大商業国家。ハグルマから下された技術やアイテムを売り、利益をハグルマに捧げている。ハグルマに捧げた金品の総額で身分が決まるため、国民全員がひたすら金儲けに励んでいる。大きな収益を上げて資本卿となれば個人名を持つことを許される(苗字はハグルマで統一される)が、それ以下の者は所属部署と役職・番号がそのまま名前になる。

基本ルールブック[編集]

初版[編集]

  • 『シニカルポップ・ダンジョンシアター 迷宮キングダム』

第二版[編集]

  • 『迷宮キングダム 王国ブック』
  • 『迷宮キングダム 新・王国ブック』 2010年。
    第二版ルールブック。プレイヤー用。初版サプリメント「迷宮クロニクルシリーズ」と「げっちゅー★キングダム!」の内容が盛り込まれたうえでルールとデータが再整備されている。
  • 『迷宮キングダム 迷宮ブック』
    第二版ルールブック。GM用。
  • 『シニカルポップ・ダンジョンシアター 迷宮デイズ』 - 「迷宮化した現代日本の街並」を舞台とした派生ゲーム。

サプリメント[編集]

初版[編集]

  • げっちゅー★キングダム!
  • 百万迷宮大百科
  • シティアドベンチャー
  • 迷宮クロニクルシリーズ
    • 迷宮クロニクルVol.1「はじめての迷宮キングダム」
    • 迷宮クロニクルVol.2「白銀カーニバル」
    • 迷宮クロニクルVol.3「恋の増量120%」
    • 迷宮クロニクルVol.4「モンスター? モンスター!!」
    • 迷宮クロニクルVol.5「ロイヤル・ウェディング」
    • 迷宮クロニクルVol.6「お伽の法則(グリム・グリモワール)」
    • 迷宮クロニクルVol.7「愚神礼賛」
    • 迷宮クロニクルVol.8「ハレ時々迷宮」

第二版[編集]

  • 猟奇戦役(バロック・キャンペーン)
  • 大殺階域(オーバーキル・パラダイス)

カードセット[編集]

初版[編集]

  • まよカードVol.1「キャラクター編」
  • まよカードVol.2「モンスター編」
  • まよカードVol.3「アイテム編」
  • まよカードVol.4「げっちゅー&トラップ」編

第二版[編集]

  • まよカードピュアセレクト - ゲーム内に登場するアイテムを収録。

アクセサリ[編集]

  • 小鬼ダイス
  • まよコマ

関連書籍[編集]

リプレイ[編集]

  • 河嶋陶一朗 『迷宮キングダム・リプレイ1 黙示録の乙女(プリンセス・アポカリプス)』 - 富士見ドラゴンブック
  • 河嶋陶一朗 『迷宮キングダム・リプレイ2 災厄の王子(プリンス・カラミティ)』 - 富士見ドラゴンブック
    Role&Roll誌に連載されたリプレイを単行本化したものだが、初版ルール準拠のリプレイを、単行本収録時に第二版に合わせて加筆している)新紀元社にて改訂版が出版。
  • 河嶋陶一朗 『迷宮キングダム・リプレイ 女王の帰還』 - 新紀元社、2010年。
  • 大高直樹、河嶋陶一朗 『迷宮キングダム・リプレイ 辺境王国とチーズの森』 - 新紀元社、2011年。
  • 大高直樹、河嶋陶一朗 『迷宮キングダム・リプレイ 辺境王国と滅亡のキッチン』 - 新紀元社、2012年。
  • イケダサトシ 『迷宮キングダム・リプレイ 戦渦の五芒星』 - 新紀元社、2013年。
  • イケダサトシ 『迷宮キングダム・リプレイ 逆襲の五芒星』 - 新紀元社、2013年。

コミック[編集]

  • 速水螺旋人 『オープンダイス・キングダム』 - 冒険企画局、2009年。

ゲームブック[編集]

  • フーゴ・ハル 『迷宮キングダム ブックゲーム モービィ・リップからの脱出』 - 新紀元社、2010年。
  • フーゴ・ハル 『迷宮キングダム ブックゲーム 虹河の大冒険』 - 新紀元社、2011年。

関連ゲーム[編集]

  • 『迷宮コンクエスト』 - カードゲーム
  • 『迷宮牧場の決闘』 - カードゲーム
  • 『迷宮コンクエスト ダンジョン・ウォー』 - カードゲーム
    • 『迷宮コンクエスト エクスパンション ゴールド・ウォー』 - カードゲーム
  • 『迷宮砦の攻防』 - ボードゲーム

関連項目[編集]

外部リンク[編集]