迷宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギリシャピュロスの粘土板。最も初期のラビリンスの例

迷宮(めいきゅう、: Labyrinth, : Λαβυρινθος)とは、一般的には部屋通路が入り組んだ迷路のような建築物のことを指すが、Labyrinthと言えば厳密にはクレタ型迷宮に代表されるような、分岐のない秩序だった一本道であり、迷路とは対照的な特徴を持っている。

この記事ではLabyrinthの和訳としての迷宮について解説する。

神話・伝説と迷宮[編集]

クノッソスの迷宮図(クレタ型迷宮)
フランクフルト・アム・マイン・ボルンハイムの聖十字架教会でのリンブルク教区のクリスチャン・メディテーションとスピリチュアリティのためのセンターで、2500の燃えるティーライトで作られたクレタ・スタイルのアドベント・ラビリンス

ギリシア神話ではミーノータウロスが閉じこめられた場所とされている。クレタ島クノッソスの迷宮が世界最古のものと思われる。この迷宮の紋章である、両刃のlabrys)が、ラビリンス(Labyrinth)の語源となったとする説がある。迷宮の設計図はクノッソスの貨幣の意匠にもなったが、実は分岐のない極く単純な迷路であった。

迷路と迷宮の違い[編集]

迷宮は以下の点で迷路とは区別される。

  • 通路は交差しない。
  • 一本道であり、道の選択肢はない。
  • 通路は振り子状に方向転換をする。
  • 迷宮内には余さず通路が通され、迷宮を抜けようとすればその内部空間をすべて通ることになる。
  • 中心のそばを繰り返し通る。
  • 中心から脱出する際、行きと同じ道を再び通らなければならない[1]

このように本来の迷宮の構造は秩序だったものである。これらの特徴を否定すれば迷路ができあがることからわかるように、迷路は迷宮とほとんど正反対の要素を持っている。クレタ型迷宮は以上の特徴を兼ね揃えた代表的なものである。

ローマ帝国時代から迷宮と迷路を混同するような文献が数多く見られ、紀元前1世紀から1世紀ごろに迷宮が迷路的なイメージとして定着されたと考えられている[2][要ページ番号]

派生用法[編集]

  • 転じて解決しない難事件のことを「迷宮入り」と呼ぶようになった。

歴史と考察[編集]

装飾用の金のラブリュス(ミノア文明)
紀元前400年の迷宮の描かれたクノッソスの銀貨

ラビリンスはクレタ島のクノッソス宮殿に関連する前ギリシャ文明(ミノア文明)起源の言葉である。この語はリディアン語英語版のlabrys(「両刃斧、ラブリュス」)と深く関連しており[3][4]、クノッソス遺跡では両刃斧のモチーフが見られる事から、元のラビリンスはクレタ島のロイヤルミノア宮殿であると指摘されている。しかし、クレタ島の他の宮殿でも同じシンボルが発見されたため、この指摘はクノッソス遺跡だけに留まらない可能性がある[5]

ラブリュスはおそらくアナトリア半島から来た宗教用語で、両刃斧のシンボルは新石器時代チャタル・ヒュユク遺跡で発見されている[6]トルコカリアにあるラブラウンダ英語版聖域では、両刃斧は嵐神Zeus Labraundos(ΖεὺςΛαβρανδεύς)に関連付けされている[7]

しかし、ラブリュスはミノア語ではなくリディアン語から来ており、ラビリンスとラブリュスとの関連は推測のままである[8]

紀元前5世紀から3世紀にかけてクノッソスの貨幣にラビリンスのシンボルが刻まれた。この期間の主なラビリンスの形式は、「7つの同心円(seven-circuit)」と呼ばれる単純な形式であり、時間の経過とともに円形か四角形かにかかわらず、独特な迷路にラビリンスという語が使われるようになった。

キリスト教[編集]

シャルトル大聖堂の床

12世紀から14世紀にかけて、フランス北部のシャルトル大聖堂ノートルダム大聖堂 (ランス)ノートルダム大聖堂 (アミアン)などのゴシック建築式の教会の床に迷宮が描かれるようになった。18世紀後期以降の書物ではエルサレムへの道(chemin de Jerusalem)を示すなどと紹介されているが、現在に至っては、初期のキリスト教徒が何の目的で床に迷宮を描いたのかは不明である[9][10]

イギリスにおいては、大聖堂には芝の迷宮英語版が作られ、アルクバラ英語版サフラン・ウェルデン英語版などに見られる。これらは啓示を受けるためであると考えられている。

中世のスカンジナビア[編集]

中世において、スカンジナビアでは500を超える教会とは関係ない迷宮が作成された。これらの資材は海岸の岩で作られており、シンプルな構造で作られている。英語では、これらの迷宮をトロイタウン英語版と呼ぶ。漁業関係者が作ったものと考えられるが、作成理由は不明。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 和泉 2000, pp. 45-46.
  2. ^ 和泉 2000.
  3. ^ (Λυδοὶ γάρ ‘λάβρυν’ τὸν πέλεκυν ὀνομάζουσι). Plutarch, Greek Questions, 45 2.302a.
  4. ^ F. Schachermeyer (1990), Die Minoische Kultur des alten Kreta, pp. 161, 237, 238
  5. ^ Rouse, W. H. D. (1901). "The Double Axe and the Labyrinth". Journal of Hellenic Studies. 21: 268–274. Rouse criticised the association, noting the reappearance of the same inscribed symbols at the newly discovered palace at Phaistos (p. 273).
  6. ^ F.Schachermeyer (1964) Die Minoische Kultur des alten Kreta. W.Kohlhammer Stuttgart p. 161, Abb.85
  7. ^ 「ラブランダのようなカリア人の聖域の名前を、聖なるlabrysの場所として文字通りの意味で解釈するのは極当然のようである。」p.109「カリア人のコインには、宗教的な両刃斧の意匠がみられる」アーサー・エヴァンズ, "Mycenaean tree and pillar cult and its Mediterranean relations," Journal of Hellenic Studies XXI, pp 108, 109.
  8. ^ Beekes, Robert S. P. (2010). Etymological Dictionary of Greek. Leiden, Boston: Brill Academic Publishers.
  9. ^ Wright, Craig M. (2001). The maze and the warrior: symbols in architecture, theology, and music. Harvard University Press. p. 210. ISBN 978-0-674-00503-7.
  10. ^ Russell, W. M. S.; Claire Russell (1991). “English Turf Mazes, Troy, and the Labyrinth”. Folklore (Taylor and Francis) 102 (1): 77–88. doi:10.1080/0015587x.1991.9715807. JSTOR 1260358. 

参考文献[編集]

関連項目[編集]