迫間不動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
迫間不動
Hasama Fudo2008-1.jpg
2008年撮影
所在地 岐阜県関市迫間891
位置 北緯35度25分52.65秒
東経136度56分31.29秒
宗派 単立
本尊 不動明王
創建年 伝・823年弘仁14年)
正式名 迫間不動尊
別称 迫間不動明王
札所等 美濃三不動
法人番号 5200005007602 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

迫間不動(はさまふどう)は、岐阜県関市迫間891にある寺院である。正式な名称は迫間不動尊。迫間山の山腹にある。

本尊不動明王。美濃三不動(迫間不動日之出不動山中不動)のひとつである。

概略[編集]

823年弘仁14年)開基。本尊は自然の岩窟に安置されている。岩窟の前には不動滝(高さ7m)があり、修行の場である。

毎年3月第4日曜日に春季大祭、毎年9月第4日曜日には秋季大祭がとりおこなわれる。大祭では山伏による火渡りが行われる。

周辺は関市が生活環境保全林として整備をした「ふどうの森」があり、その駐車場を利用しての参拝が可能である。

沿革[編集]

  • 823年弘仁14年):岩谷不動尊として開基。
  • 1680年延宝8年):迫間岩谷不動尊に改称する。
  • 1916年大正5年):奥の院を再建する。
  • 1963年昭和38年):奥の院祈願堂を新築する。
  • 1968年(昭和43年):本堂を再建する。
  • 1971年(昭和46年):宗教法人化。迫間不動尊に改称する。
  • 1985年(昭和60年):護摩堂を新築する。

所在地[編集]

  • 岐阜県関市迫間891

交通[編集]