近鉄6400系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
近鉄6620系電車から転送)
移動先: 案内検索
共通事項
基本情報
運用者 近畿日本鉄道
製造所 近畿車輛
製造年 1986年 - 1997年
運用範囲 南大阪線系統
主要諸元
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1500V
最高運転速度 100 km/h
全長 20,720 mm[1][2]
全幅 2,800 mm[1][2]
全高 4,150 mm[1][2]
車体高 4050・4025 mm[1][2]
主電動機 MB-5020A[1][3]
主電動機出力 155 kW[1][2]
駆動方式 WNドライブ[1][2]
歯車比 6.31[3]
制御方式 GTO-VVVFインバータ制御[1][2][3]
制御装置 日立製作所製VF-HR-114A [1][3]
制動装置 回生併用電磁直通ブレーキ
(保安ブレーキ付)
テンプレートを表示

近鉄6400系電車(きんてつ6400けいでんしゃ)とは、近畿日本鉄道(近鉄)が保有する同社南大阪線用の一般車両(通勤形電車)である。

本稿では6620系電車についても紹介する。


概要[編集]

1984年に登場した1420系は近鉄では初採用のGTOサイリスタ素子を搭載したVVVFインバータ制御の試作形式として投入され、大阪線にて長期的な試験運用が行われたが、この結果を基に狭軌線(南大阪線系統)用の量産型として登場したのが6400系であり、その増備形式である6620系に続いている[1][2]

両形式共に1400系8810系で確立された車体デザインを概ね踏襲し、車体構造では同時期に登場した3200系と同様の最大車体幅2,800mmの大型車体を採用し[2]、1420系や6600系以前の従来車の鋼製から裾を絞ったアルミニウム合金車体に仕様変更されている[1]。安定した大型アルミ押出材の供給と構体の組立工数の削減が可能になったためであり、特急車と大阪線・名古屋線用急行車の5200系東大阪線(現・けいはんな線)7000系を除き、その後の車両にもこのアルミ車体は採用され、近鉄VVVF制御車両の標準仕様となっている。

車内インテリア面では内装材は1420系と同様にサンドウェーブ柄の化粧板に、マルーン調の床材を引き続き採用しているが、ロングシートの仕様は本形式の前年に製造された3200系と同様のひじ掛けが化粧板仕上げとなった新しいものに変更されており、以上の車内デザインは2000年に登場するシリーズ21まで近鉄一般車両の標準仕様となった。

6400系[編集]

6400系
河内天美駅に停車中の6400系Mi04編成
河内天美駅に停車中の6400系Mi04編成
基本情報
製造年 1986年 - 1996年
製造数 33編成66両
主要諸元
編成 2両編成
編成定員 6400系、6407系:272名
6413系、6419系、6422系、6432系:298名[2]
車体高 4,050 mm (6412Fまで)
4,025 mm (6413F以降)[2]
台車 Mc車:KD-94/KD-98/KD-98B/KD-305[1]
Tc車:KD-94A/KD-98A/KD-98C/KD-305A[1]
編成出力 620 kW
備考 電算記号:Mi
6432系はワンマン運転対応
テンプレートを表示
御所線を快走するMi25編成

1986年3月に登場[2][4][3][1]。登場から30年が経ち、非冷房車であり老朽化が目立っていた6800系の置換え用として製造された。電算記号はMi[1]、Mc-Tcで2両編成を組成する[1][2][4]1422系1220系の狭軌仕様だが、登場は両形式より約1年早い[1][4]

車体・走行機器[編集]

日立製作所製のGTO素子によるVVVFインバータ装置を装備[1][2][4]主電動機かご形三相誘導電動機で1台あたりの出力は155kW[1][2]。歯車比は6.31とした。制御回路マイコンは16ビットのものを採用し、制動装置はT車優先遅れ込め付きのHSC-R形を採用している。MGはHG-77463形を[3]、CPはHS-10形をそれぞれTc車に設置している[3]。裾を絞った幅2,800mmのアルミニウム合金製の車体を持つ[1][2][4][3]台車はKD-94形(Mc)、KD-94A形(Tc)を装備[1][3]。車輪径は動輪・付随輪とも860mmとなった。

6400系の他、標準軌用のGTO-VVVFインバータ車と同じ仕様変更の歩みを続けている派生系列を以下に挙げる。

  • 6407系1989年登場[1][3]。ホイールベース間隔を標準軌の1430系、1230系と同様の2,100mmに短縮した新仕様台車KD-98(Mc)、KD-98A(Tc)に変更[1][3]
  • 6413系1990年登場[1][3]。通勤車の全線共通仕様に基づく新仕様の車体を採用し[1][2][3]、台車をKD-98B形(Mc)、KD-98C形(Tc)に変更[1]。ドアエンジンの変更。
  • 6419系1992年登場[1][3]。Tcに設置されている補助電源装置を電動発電機からSIV(静止型インバータ、BS-483Q形)に変更し[1][2][3]バリアフリー対応として車椅子スペース(後に6400系列全車にも設置)を設置[1]
  • 6422系1993年登場[1]。台車をKD-305形ボルスタレス式に変更[1][2][4][3]、抑速制動を追加[4]
  • 6432系(6422F - 6429F・6432F・6433F):6422系のワンマン運転対応仕様[1][2][3]

改造・車体更新[編集]

標準軌線用GTO-VVVFインバータ車両と同様に、以下の改造が順次施工されている。

  • 全車両の車外転落防止幌設置[4]
  • VVVFインバータ制御車のシンボルマーク撤去[4]
  • 新型ATS(ATS-SP)設置・デッドマン装置更新工事、戸締灯の増設工事[4]
  • バリアフリー対応改造 (2017年4月現在、6422F・6425F・6430F・6432Fに施工[5][6])
    • 車内案内表示器およびドアチャイム、ク6500形先頭連結部に連結部注意喚起スピーカーの取り付け
  • 簡易内装更新
    • 座席モケットの交換
ワンマン運転対応改造

1999年から2001年にかけて6422F - 6429Fにワンマン運転対応工事が行われ、6432系に編入されている。改造された編成は車内乗務員室側の窓が小型化されている。

編成[編集]

 
← 大阪阿部野橋
6400系
Mi01 - Mi06
ク6500 モ6400
6501 - 6506 6401 - 6406
6407系
Mi07 - Mi12
ク6507 モ6407
6507 - 6512 6407 - 6412
6413系
Mi13 - Mi18
ク6513 モ6413
6513 - 6518 6413 - 6418
6419系
Mi19 - Mi21
ク6519 モ6419
6519 - 6521 6419 - 6421
6422系
Mi30・Mi31
ク6522 モ6422
6530・6531 6430・6431
6432系
Mi22 - Mi29・Mi32・Mi33
ク6532 モ6432
6522 - 6529・6532・6533 6422 - 6429・6432・6433

2017年4月1日現在、33編成66両が古市検車区に配置されている[7]

6620系[編集]

6620系
長野線を走行するMT27編成
長野線を走行するMT27編成
基本情報
製造年 1993年 - 1997年
製造数 7編成28両
主要諸元
編成 4両編成[2]
編成定員 614名
車体高 4,025 mm[1][2]
台車 KD-305・KD-305A[1][2]
編成出力 1,240 kW
備考 電算記号:MT
テンプレートを表示

1993年に登場した6400系(6422系)の4両編成仕様である[1][2][4][3]。電算記号はMT[1]。登場後30年以上経過した6000系の置換え用として[4]、1997年までに合計7編成が製造された[1][2][4]

1020系の場合、編成中の母線の引き通しでMc、M車とも集電装置は1基装備だが、本系列では最初の2編成はMc車、M車ともパンタグラフを2基搭載し[2]、母線の引き通しを行わなかった。6623F以降、1620系、1020系と同様に母線の引き通しが行われ、各車パンタグラフ1基搭載になった[2][3]。後年、最初の2編成も母線引き通しが行われたため、現在は全編成のMc車、M車がパンタグラフ1基である。1997年に製造された6626F以降は乗降口床面のノンスリップ加工が施されている。

アートライナー[編集]

  • 6623F:「YOSHINO Foresta」 (1999年3月 - 2002年12月
  • 6624F:「solaha」(2014年3月 - 2014年11月)
  • 6625F:「不思議の国のアリス」(2007年5月 - 2008年4月)
  • 6626F:「吉野線ラッピング旬彩列車」(吉野線開業100周年記念。2012年10月1日 - 2016年4月

改造[編集]

標準軌線用GTO-VVVFインバータ車と同様に、以下の改造が順次施工されている。

  • 全編成の車外連結部に転落防止幌設置
  • バリアフリー改造 (2017年4月現在、6621F・6622F・6624F - 6626Fに施工[5][8])
    • 車内案内表示装置とドアチャイム、ク6720形先頭連結部に連結部注意喚起スピーカーの設置
  • VVVFマーク撤去[4]
  • 全編成の新型ATS(ATS-SP)車上装置設置・デッドマン装置更新工事の施工[4]
  • 簡易内装更新
    • 座席モケットの交換

編成[編集]

 
← 大阪阿部野橋
6620系
MT21 - MT27
ク6720 モ6670 サ6770 モ6620
6721 - 6727 6671 - 6677 6771 - 6777 6621 - 6627


2017年4月現在、7編成28両が古市検車区に配置されている[7]

近鉄6620系電車 MT24編成(河内天美駅付近にて)


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak JTBキャンブックス『近鉄電車 大軌デボ1形から「しまかぜ」「青の交響曲」まで100年余りの電車のすべて』 p.199・p.200・p.227 - p.237 (著者 三好好三、編者 福田静二、出版・発行所 JTBパブリッシング 2016年)ISBN 978-4-533-11435-9 C2065
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa カラーブックス「日本の私鉄 近鉄2」p.26 - p.29・p.129・p.146・p.147(著者・編者 諸河久・山辺誠、出版・発行 保育社 1998年) ISBN 4-586-50905-8 C0165
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 日本の私鉄「近畿日本鉄道」p146 - p153(著者・編者 広岡友紀、出版・発行 毎日新聞社 2012年) ISBN 978-4-620-32003-8
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 近畿日本鉄道のひみつ p.132・p.133(発行者 小林成彦、編者・発行所 PHP研究所 2013年)ISBN 978-4-569-81142-0
  5. ^ a b 『鉄道ファン』2015年8月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2015 車両データバンク」
  6. ^ 『鉄道ファン』2017年8月号 交友社「大手私鉄車両ファイル2017 車両データバンク」
  7. ^ a b 『鉄道ファン』2017年8月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2017 車両配置表」
  8. ^ 『鉄道ファン』2016年8月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2016 車両データバンク」

参考文献[編集]

  • JTBキャンブックス『近鉄電車 大軌デボ1形から「しまかぜ」「青の交響曲」まで100年余りの電車のすべて』 p.199・p.200・p.227 - p.237 (著者 三好好三、編者 福田静二、出版・発行所 JTBパブリッシング 2016年)ISBN 978-4-533-11435-9 C2065
  • カラーブックス「日本の私鉄 近鉄2」p.26 - p.29・p.129・p.146・p.147(著者・編者 諸河久・山辺誠、出版・発行 保育社 1998年) ISBN 4-586-50905-8 C0165
  • 近畿日本鉄道のひみつ p.132・p.133(発行者 小林成彦、編者・発行所 PHP研究所 2013年)ISBN 978-4-569-81142-0
  • 日本の私鉄「近畿日本鉄道」p146 - p153(著者・編者 広岡友紀、出版・発行 毎日新聞社 2012年) ISBN 978-4-620-32003-8
  • 交友社 鉄道ファン
    • 付録小冊子「大手私鉄車両ファイル 車両配置表&車両データバンク」2015年8月 - 2017年8月発行号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]