近藤龍夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

近藤 龍夫(こんどう たつお、1945年3月21日 - )は、日本の実業家北海道電力の社長、会長を経て、現在名誉顧問。第7代北海道経済連合会会長。元公益社団法人北海道観光振興機構会長。

人物[編集]

北海道札幌市出身。原子力工学者の近藤駿介は実兄。北海道札幌南高等学校北海道大学工学部電気工学科卒業後、1969年北海道電力入社。泊発電所長、理事苫小牧支店長、取締役事業推進部長などを歴任し、2004年から取締役社長、2008年から取締役会長を務めた[1]。 2008年北海道経済連合会会長に就任し、「食(農業)」と「観光」を北海道の成長戦略にすべきとの主張を積極的に発信してきた[2]。 特に、北海道における食の総合産業化を目指す「食クラスター活動」を提唱し、2011年に国から「北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区」を採択されるにあたり、中心的な役割を担った [3] [4]。 2012年、特区の活動の受け皿となる、一般社団法人北海道食産業総合振興機構(フード特区機構)を設立し、理事長に就任。2014年、公益社団法人北海道観光振興機構会長に就任し、北海道の観光振興に尽力した [5]

社会活動[編集]

  • 北海道国際航空株式会社(現・株式会社AIRDO) 取締役(2001-2003)
  • 財務省北海道財務局国有財産北海道地方審議会 委員(2005-2012)
  • 六華同窓会(北海道札幌南高等学校同窓会) 会長(2007-2013)
  • 株式会社テレビ北海道 取締役(2008-2012)
  • 国立大学法人北海道大学経営協議会 委員(2008-2014)
  • 北海道経済連合会 会長(2008-2014)
  • 公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団) 理事長(2008-2014)
  • 北海道空港株式会社 取締役(2008-2014)
  • 在札幌ドイツ連邦共和国 名誉領事(2009-2013)
  • 北海道旅客鉄道株式会社 取締役(2009-2014)
  • 全日本空輸株式会社(現・ANAホールディングス株式会社)監査役(2009-2014)
  • 北海道バレーボール協会 会長(2009-2017)
  • 農林水産省「食」に関する将来ビジョン検討本部 有識者委員(2010-2012)
  • 国土審議会北海道開発分科会 分科会長代理(2010-2014)
  • 国土審議会北海道開発分科会 計画推進部会長(2012-2013)
  • 一般社団法人北海道食産業総合振興機構(フード特区機構) 理事長(2012-2014)
  • 公益社団法人北海道観光振興機構 会長(2014-2016)
  • 北海道大学ほっかいどう同窓会 会長(2014-2016)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]


先代:
南山英雄
北海道電力社長
第10代:2004年 - 2008年
次代:
佐藤佳孝
先代:
南山英雄
北海道経済連合会会長
第7代:2008年 - 2014年
次代:
大内全