近藤高弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

近藤 高弘(こんどう たかひろ、1958年9月4日-)は日本京都府の出身の陶芸家・美術家である。陶の素材・表現を基軸に、土やガラスや金属などの立体・平面の造形表現を制作している。祖父は人間国宝近藤悠三

経歴[編集]

京都府京都市東山区清水に近藤濶(陶芸家)の長男として生まれる。

学生時代は卓球選手として活躍。インターハイ・シングルチャンピオン、関東学生シングルス、全日本学生卓球選手権大会ダブルスチャンピオン、国際大会の日本代表にも複数回選出されている。卓球選手として鍛練された運動能力と精神の強さが、その創作活動の上で大きく役立っていると語ることがある。

法政大学卒業後、一般企業に就職するも、26歳の時叔父で陶芸家・近藤豊の自死の衝撃が芸術の道を志すきっかけとなり、京都府立陶工職業訓練校に入学する。

1994年京都市芸術新人賞受賞、2002年文化庁派遣芸術家在外研修員、2003年エジンバラ・カレッジ・オブ・アート修士課程修了、Inglis Allen Masters賞受賞

作品は初期には近藤家の伝統的な染付作品を制作、その後実用的な器の仕事から離れ、幾何学・抽象的な時空壺シリーズを制作、また、銀滴彩と名付けたオリジナル技法(特許取得)によるミストシリーズを展開。国内・海外での展覧会やアートフェアーに多数出品している。

係累[編集]

活動[編集]

個人としての作品制作以外の活動としては以下。

  • 火・土・水アースワーク
活動実績:奈良・天河大弁財天社伊豆大島三原山鎌倉安国論寺マウイ島・ハレヤカラ山、フランス・ブルゴーニュ・ルジュック、出羽・羽黒創造の森、伊勢・猿田彦神社おひらき祭
  • モノ学・感覚価値研究会
  • 日本文化デザイン会議
  • マツタケ十字軍

著書[編集]

  • 「KONDO TAKAHIRO -Painter and Potter-」(ナショナル・ミュージアム・オブ・スコットランド/1995年)
  • 「青 -Blue Spirit-」(同朋舎/1996年)
  • 「Time and Space レゾネ」(イムラ・アート・ギャラリー/1999年)
  • 「青のゆくえ -Blue Mist-」(パラミタミュージアム・求龍堂/2003年)
  • 「変容の刻 -Metamorphse-」(パラミタミュージアム/2007年)
  • 「火・水(KAMI)―新しい死生学への挑戦」(晃洋書房/2010年)

外部リンク[編集]