近藤広幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こんどう ひろゆき
近藤 広幸
生誕 (1975-08-06) 1975年8月6日(43歳)
国籍 日本の旗 日本
公式サイト mash-holdings.com

近藤 広幸(こんどう ひろゆき、1975年8月6日 - )は、日本の実業家

人物[編集]

デザインからファッション、飲食事業まで幅広く手掛け、"クリエイティブカンパニー"を看板にするマッシュグループの創業者、および株式会社マッシュホールディングス(マッシュHD)代表取締役社長。

1999年、株式会社マッシュスタイルラボを創業。2005年にアパレルブランド「SNIDEL(スナイデル)」、2008年にルームウェアブランド「gelato pique(ジェラート ピケ)」を立ち上げる。これら各ブランド名は、欧州の有名サッカー選手の名前を組み合わせて名付けているとも言われている[1]

さらに、マッシュグループはファッション事業を基軸に、表参道界隈等で展開する「Cosme Kitchen(コスメキッチン)」や「Biople by CosmeKitchen(ビープル バイ コスメキッチン)」をはじめとするビューティー事業、西麻布フレンチ「AZUR et MASA UEKI(アズール エ マサウエキ)」や、表参道ヒルズパリ7区発のパティスリー「HUGO&VICTOR(ユーゴ アンド ヴィクトール)」、「Cosme Kitchen Adaptation(コスメキッチン アダプテーション)」などの飲食事業と、複数の業種で活動している。

経歴[編集]

1975年 茨城県牛久市出身。バンタンデザイン研究所空間デザイン学科卒業。

建築空間デザイナーエディターグラフィックデザイナーCGアニメーションディレクターを経て、1998年CG制作を行う「スタジオ・マッシュ」を設立。[2]

  • 1999年、株式会社マッシュスタイルラボを創業。
  • 2005年、ファッション事業部を新設。主力ブランド「SNIDEL」立ち上げ。
  • 2011年、MASH Style Lab(Shanghai)Co.,Ltd.、MASH Style Lab(Hong Kong)Co.,Ltd.、MASH Style Lab (Taiwan) Co.,Ltd.、を独資にて設立。海外直営店舗を展開しアジアに本格参入。
  • 2013年、株式会社マッシュホールディングス設立。各部門が100%子会社として得意分野に特化した株式会社となる。
  • 2015年、コーポレートスローガンとして『ウェルネスデザイン』を掲げ、マッシュグループ全社が麹町の新社屋へ移転。
  • 2016年、チャリティイベント『MASH PARK PROJECT(マッシュパークプロジェクト)』を開催。[3]
  • 2017年、5月29日にニュージーランドのピータークラウスグループ傘下であるエコストアカンパニーリミテッドと合弁会社「株式会社ecostore Japan(エコストアジャパン)」を設立、代表取締役会長に就任[4]
  • 2017念、10月6日に米オーガニックアイスクリーム「Three Twins Ice Cream」の日本における独占販売契約を結ぶ。[5]

マッシュグループについて[編集]

国内11社、海外10社からなるクリエイティブカンパニー。 コーポレートスローガンとして「ウェルネスデザイン」を掲げ、ファッション事業、ビューティー事業、飲食事業、EC事業、ウェルネス事業など複数の業種で事業展開を行う。

2015年、建築家村野藤吾が手掛けた東京都千代田区にある「麹町ダイビル」にオフィスを移転、社内にはヨガスタジオやトレーニングルーム、シャワールーム、ライブラリーやメディアでも多く取り上げられている社員食堂[6] [7]などを有する。 本社では月に一度、「スーパーウェルネスウェンズデー」として社員全員が参加してヨガ、ランニングやウォーキングなども行う[8]

MASH PARK PROJECT(マッシュパークプロジェクト)[9][編集]

  • 被災地に元気を届けたい」という思いから、売り上げから計上した寄付金を原資に被災地に公園を作ろうというプロジェクトを2016年に始動。
  • 「子供たちに最高の笑顔を届ける」をコンセプトに、年に一度本社にてチャリティイベントを開催している。
  • 2018年10月、宮城県牡鹿郡女川町に「MASH PARK ONAGAWA(マッシュパーク女川)」を2020年夏までに寄贈すると発表した。

出典[編集]

  1. ^ WWDジャパン「今一番儲かっているファッション企業マッシュHDは何故そんなに凄いのか!?」”. 2018年9月8日閲覧。
  2. ^ 東洋経済オンライン「20代女性を虜にするアパレルブランドの正体」”. 2016年12月21日閲覧。
  3. ^ マッシュパークプロジェクトHP”. 2017年10月2日閲覧。
  4. ^ 日本経済新聞 日経電子版「マッシュHD、NZの自然派日用品と提携 「エコストア」展開」”. 2017年6月6日閲覧。
  5. ^ 日本経済新聞 日経電子版「マッシュHD、食品卸に参入、米アイスクリームを国内で 」”. 2017年10月5日閲覧。
  6. ^ Fashionsnap.com「急成長の理由は食?マッシュの"女子力高い"おしゃれ社員食堂に潜入」”. 2016年7月12日閲覧。
  7. ^ “社食女子-社食を見れば会社がわかる-”. シティリビング (サンケイリビング新聞社). (2017年7月27日). 
  8. ^ ウェルネスウェンズデー協会HP”. 2017年4月14日閲覧。
  9. ^ 株式会社マッシュホールディングス | MASH Holdings Co.,Ltd.” (日本語). www.mash-holdings.com. 2018年12月10日閲覧。

外部リンク[編集]