近藤孝男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

近藤 孝男(こんどう たかお 1948年 - )は、日本の生物学者。理学博士(名古屋大学)。名古屋大学大学院理学研究科特任教授。元同研究科長。愛知県刈谷市出身。

専門は、生物の体内時計概日リズム)の仕組みを研究する時間生物学シアノバクテリアの研究により時計機能を司る遺伝子及びタンパク質を発見。また、それらによって、生物時計を再現する実験にも成功した。

経歴[編集]

受賞歴・栄典[編集]

著書[編集]

  • 1994年 Circadian Rhythm of bioluminescence in cyanobacteria by a Luciferase reporter In Circadian Clocks from cells to human (北大出版会)
  • 1994年 Circadian Rhythms in Prokaryotic and Eukaryotic Unicellular Organisms In Hand Book of Neurobiology(Plenum)
  • 1996年 Ciradian clock of cyanobacteria(Ciradian organization and oscillatory coupliny)
  • 1997年 Cyanobacterial ciroadian rhythms Ann, Rev, Plant Physiol.
  • 1998年 Biological Rhythms and Photoperiodism in Plants Chap 1. A Clockwork green : circadiam programs in photosyntloetic organisms(BIOS Scientific Publisher.)
  • 2002年 植物にとっての昼と夜ー生物時計について 「植物が未来を拓く」(共立出版)
  • 2004年 『シアノバクテリア』、岡村均・深田吉孝編『時計遺伝子の分子生物学』(シュプリンガー・フェアラーク東京株式会社)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]