近藤レーシングガレージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有限会社 近藤レーシングガレージ
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
410-1308
静岡県駿東郡小山町大御神697
法人番号 1080102006894
外部リンク http://kondoracing.mad.buttobi.net/
テンプレートを表示

近藤レーシングガレージ(こんどうレーシングガレージ)は、静岡県駿東郡小山町に存在するレーシングガレージ兼チューニングショップである。近藤真彦が主催する「KONDO Racing」とは無関係である。

代表者は近藤進治(1946年生まれ)。サンエスホンダ、ヨシムラジャパンでの修行を経て1974年富士スピードウェイ周辺のレーシングガレージ密集地(通称「大御神レース村」)に「近藤レーシングガレージ」を設立。

日本のプライベーターF1プロジェクト「マキ」と「コジマ」に深く関わりを持ち、1976年F1グランプリ・イン・ジャパン富士スピードウェイ)においてはクラッシュしたコジマ・KE007の「奇跡の大修理」に協力した。

その後ル・マン24時間レース出場を目的としたプロトタイプレーシングカー童夢RL」(1979年)のル・マン参戦もサポート。

1980年にはトムスと共にグループ5カローラを製作してマカオグランプリに参戦。

富士グランチャンピオンレースシリーズにも参戦し、トムスのグループCカー製作にも関与。パリ・ダカールラリー三菱・パジェロやN1耐久(現・スーパー耐久)の日産・スカイラインGT-Rなどの車両製作にも携わるなど、日本のレースシーンにおいて欠かせない存在である。

外部リンク[編集]