近森克彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

近森 克彦(ちかもり かつひこ、1945年9月24日 - )は、日本ハンドボール選手。山口県出身。

芝浦工業大学時代の1967年スウェーデンで開催された世界男子ハンドボール選手権に出場、大学卒業後の大崎電気に所属していた1970年にもフランスで開催された世界選手権に出場した。同じ1970年10月ハンドボール・ブンデスリーガHSVハンブルクに移籍し、レギュラーとして1971年までプレーした。帰国後の1972年にはオリンピックの正式種目としてハンドボールが復活したミュンヘンオリンピックにコーチ兼選手として出場した。

引退後は全日本実業団ハンドボール連盟の理事長などをつとめた。